Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2014.3.25号(3/18発売)

特集:中国軍の虚像

2014年3月25日号(3/18発売)

Cover Story

国防予算は潤沢、兵器はハイテク化でもモラルは低い
共産党の軍隊でしかない「中国軍」の実像とは

中国軍 弱いがゆえに危険な中国軍

■兵士 一人っ子兵という脅威

海洋戦略 膨張する中国海軍は張り子の虎か

空軍 ロシア最新機を買いたい理由

視点 中国は超大国と張り合わず

あなたの友達レンタルします

ネット 新サービスは心の隙間を埋める特効薬? 友情をカネで買う欺瞞?
PERISCOPE
InternationaList
TURKEY 少年の死で爆発したトルコ国民の鬱憤
MALAYSIA 落ちたマレーシア政府の評判
UGANDA 重い代償を払う同性愛差別ウガンダ
LIBYA 謎の北朝鮮タンカーがリビアを揺さぶる
THAILAND 密入国者が群がるタイの偽造パスポート
UKRAINE ウクライナ系住民が恐れる仕返し
BRITAIN 「数学後進国」返上の助っ人は上海から
Asia
SOUTH KOREA 「自殺大国」韓国の憂鬱
U.S. Affairs
アメリカ性産業の意外な実態
NYビル爆発で見えた老朽化するアメリカ
Business
サポート終了、XPとATMの危険な関係
ネット系銀行の出現は中国銀行改革の第一歩
People
リンジーが落とした男たち、ほか
FEATURES
新首相 どん底イタリアに奇跡を起こす男
トルコ ボスポラス海峡は危険がいっぱい
パキスタン 浮浪児がテロ集団の手先に
ウェブ ウィキペディア更新はボットにお任せ
アジア ライオンが首をつる「死の動物園」
ドイツ ベルリンに広がるギャンブル中毒の闇
脳科学 米軍が指揮する脳力ブートキャンプ
CULTURE
Art 超リアルな3Dタトゥーの世界
Movies 『ローン・サバイバー』と戦争の極限
Movies メリー・ポピンズの甘ったるい製作秘話
Movies 消化不良?な『LIFE!』
Fashion タキシードの正しい「観賞法」

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!