コラム

大学進学率は20%!「最強の小国」スイスの競争戦略

2017年05月12日(金)16時23分

【天】日本に負けた「クオーツ・ショック」を国全体の教訓に

「天」とは、「天の時」という表現に示されるように、外部環境の中長期的な変化を競合に先んじて予測し、壮大なグランドデザインから計画的に大きな目標を実現していくためのタイミング戦略である。

スイスでは、1970年代に日本メーカーがクオーツ時計を実用化したことにより、時計産業が壊滅的な影響を受けたことを現在でも国全体の教訓にしている。

その当時、機械式時計が主流だったスイスの時計産業はまさに存亡の危機を迎えたが、スウォッチが「低価格×ファッショナブル」というポジショニング戦略で息を吹き返し、その後、同国の名門ブランドであるオメガ、ロンジン、ラドーなどを続々と買収、グループ全体でのブランド戦略が功を奏し、同社グループは世界一の時計メーカーとなった。

現在の時計メーカーの売上高ランキングでは、1位:スウォッチグループ、2位:リシュモングループ、3位:ロレックスと、スイス勢が上位を独占している。

【参考記事】チーズ×牛革で100%スイスメイド ワンオフ腕時計のこだわりとは?

「クオーツ・ショック」を教訓とするスイスでは、政治・経済・社会・技術の変化を予測し、他国に先駆けて戦略を実行することが小国としての生命線であるとの共通認識がある。「IoT時代」や「第4次産業革命」と呼ばれる現在のメガテックの変化においても、同国では他国に先行しているとの自負をもっている。

同国の金融機関であるUBSは、2016年の世界経済フォーラムにおいて「第4次産業革命に最もよく対応できる国」ランキングを発表している。労働市場の柔軟性、技術水準、教育水準、インフラ水準、法的保護の5つの要素をもとに各国を評価したものであるが、これによるとスイスが第1位となっている。

自国の金融機関による分析であることから多少は割り引いて考える必要はあるものと思われるが、同国が第4次産業革命においてもリーディングカントリーとなることを意識して動いていることは間違いあるまい。

なお、「天の時」というタイミング戦略において見逃せないのは、スイスが数多くの国際機関の本部を誘致していることである。

国際業務を行う銀行のルールを決める国際決済銀行(BIS)の本部もバーゼルにあり、そのルールがバーゼル規制と呼ばれているのは有名なところであろう。このほか、国際オリンピック委員会(IOC)や国際サッカー連盟(FIFA)の本部などもスイスにあり、まさに「ゲームのルール」を決める国際機関を内在させていることも「天の時」において大きな強みになっていると言えよう。

【地】グローバル企業とグローバル人材を呼び込むための環境整備

前述したようにスイスは「小国」であるが、何より国内市場の規模が小さいことが最大の難点の1つとなっている。

すなわち国力という観点からは極めて不利な地理的環境に置かれているわけだが、「高付加価値×スイスブランド×グローバル」に特化して競争力を高めるというグランドデザインを描き、実際に世界最高水準の競争力を維持していることは既に述べた通りだ。

それぞれの産業においては高付加価値の分野に特化し、国内市場の規模が小さいという難点に対してはスイスブランドという競争優位を最大限に生かし、最初から世界市場を目指すことで競争力を高めてきたのである。

とはいえ、こうしたグランドデザインを実現するのは容易なことではない。そのために必要なヒト・モノ・カネを国内外から引き寄せることが不可欠であるからだ。

実際にスイスでは、グローバル企業の本社機能や研究機関等を招致することや、グローバル人材を呼び込むことに腐心してきた。それは、高付加価値の分野に特化して産業や企業を育成していくためには、グローバル企業やグローバル人材を引き付けることが不可欠であり、両者は表裏一体の関係にあるからだ。企業と人材の両者が揃うことで国の競争力や生産性が高められることになる。

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

ニュース速報

ワールド

NY州、コロナワクチン独自審査へ 知事「政治化巡り

ビジネス

米株反発、ハイテク株に買い 好調な住宅指標などで

ビジネス

ドル小幅安、株高が圧迫 コロナ経済対策巡る期待で=

ワールド

スペイン、コロナ感染者70万人突破 マドリード中心

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!