コラム

中国メディアで私が「日本」を語り続ける理由

2017年11月30日(木)19時40分
中国メディアで私が「日本」を語り続ける理由

中国の音声番組配信サイトで配信される私の有料番組は、新宿歌舞伎町のわが湖南菜館で録音している Newsweek Japan

<私は日本と中国を行き来し、中国メディアから相次ぐ出演オファーに応え続けている。中国にも「日本専門家」を名乗る人はごまんといるが、空理空論が多いからだ>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

私は今、日本と中国を行き来する忙しい生活を送っている。何度かこのコラムでも取り上げてきたが、2015年4月に新宿区議選に出てからというもの、中国メディアの出演オファーが後を絶たない。

元・中国人、しかも「歌舞伎町出身」の私が日本の選挙に出馬したことに興味を持たれたのがきっかけだが、日本の最新の情報を伝える私の話が好評を得て次々と仕事が広がっているのだ。

中国にも「日本専門家」を名乗る人はごまんといるのだが、日本に住んだり、ジャーナリストとして情報収集をしたりしているわけではない。「ボクの考えた日本」とでもいうべき、現実とかけ離れた空理空論が多くなる。日本のリアルを伝える私が"無双"できるゆえんだ。

対日強硬派の「日本の品質は素晴らしいよ」に驚いた

先日も中国に行き、2本の番組に出演してきた。1本目はネット配信サイト「捜狐ビデオ」独自制作のトークショー「悪毒梁歓秀」だ。「歓楽街出身の政治家・李小牧が歌舞伎町の秘密を解き明かす」とのタイトルで、約30年間にわたり歌舞伎町で働いてきた私が見聞きしたさまざまなエピソードについて語った。

歌舞伎町という地名は中国でもよく知られているが、礼儀正しい大メディアでは取り上げることもできない。妄想ばかりがかき立てられているところに、私が本当の情報を伝えたというわけだ。

もう1本は軍事評論家・張招忠のポッドキャスト番組だ。タカ派、対日強硬派として知られる張とやり合うとあって、私は入念に準備した。テーマの1つが日本の品質問題だ。神戸製鋼のデータ偽装問題や、JA全農兵庫の偽装神戸牛事件は中国で大きく報じられている。「高品質を誇る日本企業はなぜ地に落ちたのか」といった仰々しいタイトルで報じられているありさまだ。

そもそも「日本人はウソをつかない、偽装などするはずもない」という前提も間違いだ。以前から偽装事件はしばしば報じられていたが、中国では大きく扱われなかった、あるいは忘れられてしまっただけだ。一方で、「神戸製鋼の事件は日本社会全体の劣化を示している」という結論も余りに飛躍している。

私は「一言に偽装といってもさまざまなレベルがあります。日本と中国の偽装事件は全く次元が違う。日本の偽装で人が死にましたか? ほんのわずか、最終的な製品品質に影響しないレベルの問題でも大騒ぎして自己批判する日本と、死人が出るような惨事になっても変わらない中国を一緒くたにはできません」とビシッと言ってやった。

さあ、張からどんな反撃が来るかと楽しみにしていると、「そのとおりだね、李さん。日本の品質は素晴らしいよ」といきなり日本愛を語り出したので驚いた。外交、軍事では対日強硬派でも、日本製品のクオリティにはメロメロのようだ(笑)。張は「元少将」という肩書きを持つ退役軍人。海外旅行には申請が必要で、自由に遊びに行くというわけには行かないのだとか。日本を旅行したいと愚痴を言う姿が印象的だった。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ドル2カ月半ぶり安値、インフレ観測が重し=NY市場

ビジネス

米国株はナスダック大幅安、インフレ懸念でグロース株

ビジネス

米商務長官、半導体不足巡り20日に業界幹部と会合=

ワールド

衝突続くエルサレムにロケット弾、ネタニヤフ首相は報

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中