コラム

「世界一自転車フレンドリーな都市」コペンハーゲンに学べること

2021年11月26日(金)19時15分
コペンハーゲンの自転車のある風景

コペンハーゲンでは、安心して自転車に乗れる道路づくりが徹底されている Ole Schwander-iStock

<クルマや公共交通を使うよりも自転車の方が便利。各国の政策担当者が学びに訪れるコペンハーゲンの自転車政策とは>

数ある移動手段の中でも、まったくCO2を排出しない移動手段は徒歩や自転車に限られる。2025年にカーボンニュートラルを目指すデンマークは、その一つの目玉として自転車の活用を据えている。

オリンピックで自転車を活用するフランスのパリやオランダが着目されるが、デンマークの首都コペンハーゲンは世界でもっとも日常生活に自転車を活用した街づくりをしている都市だ。

現地の専門家によると、CO2削減が叫ばれる中、自転車用のインフラを整備したり、推奨するキャンペーンを展開しているという。

各国から政策担当者らが学びに来る

自転車問題に取り組む人々の間で大事にされている指標を「コペンハーゲン化指数(Copenhagenize index)」と言う。2年おきに調査が行われ、自転車フレンドリーな街のランキングが発表される。

調査が始まった2011年のランキングを見ると、1位はアムステルダム、2位がコペンハーゲン、3位バルセロナ、4位ベルリン、5位東京、6位ミュンヘン、7位パリ、8位モントリオール、9位ダブリン、10位ブダペストとなっている。

2019年には1位にコペンハーゲン、2位がアムステルダム、3位ユトレヒト、4位アントワープ、5位ストラスブール、6位ボルドー、7位オスロ、8位パリ、9位ウィーン、10位ヘルシンキとなっており、東京は16位と順位を落としている。

このランキングを見ると分かるように、コペンハーゲンとアムステルダムが競り合っており、2015年と2017年にもコペンハーゲンに軍配が上がっている。

kusuda211126_copenhagen_2.jpg

筆者撮影

アムステルダムとも違う

コペンハーゲンには各国の政策担当者が自転車政策を学びにやってくる。

デンマークの自転車政策のノウハウを世界に共有することを目的に活動する、デンマーク・サイクリング・エンバシーは毎年約1週間にわたってコペンハーゲンで「バイカブルシティマスタークラス」という集中講義を行っている。都市開発とサイクル計画、政治プロセス、サイクリングスーパーハイウェイとグリーンサイクルルート、交通安全および事故の削減、子供へのサイクル教育、公共交通との連携、都市デザインなど体系的に学ぶことができる。

筆者が参加した2018年は、スイス、ドイツ、イギリス、スペイン、シンガポール、アメリカ、フランス、チリ、オーストラリアなどの政策担当者らがコペンハーゲンに集まった。

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか

ビジネス

米レディット株、金融大手が投資判断開始 利用者増加

ビジネス

午前の日経平均は大幅続落、800円超安 米金利上昇

ビジネス

米利下げ急ぐ必要ない、景気・労働市場堅調で=SF連
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story