コラム

フィンランドの36歳女性首相が、独裁者プーチンの恫喝に「ひるまない」わけ

2022年04月19日(火)17時24分

報告書は「ロシアが始めた戦争は欧州全体の安全保障と安定を危うくする」と指摘し「フィンランドは自国に対してのみ軍事力が行使される不測の事態にも備えている。ウクライナに対する軍事行動は、高い即応性、持続的な軍事的圧力に対抗する能力、複数の同時戦線における大規模な攻撃を撃退する能力が重要であることを示している」と強調した。

NATO加盟申請をした場合「ロシア国境における緊張の高まりなど予測困難なリスクに備える必要がある。広範囲に及ぶハイブリッド攻撃のターゲットになることへの備えを強化しなければならない」と呼びかける一方で「フィンランドとスウェーデンが加盟すれば、バルト海地域で(ロシア軍が)軍事力を行使する敷居は高くなり、地域の安定は高まる」と記した。

厳密に言えば「中立」ではないフィンランドとスウェーデン

4月に入って、ロシア軍機がフィンランド領空を侵犯し、フィンランド外務省や国防省のウェブサイトがサイバー攻撃を受けた。広範囲のハイブリッド攻撃としてフィンランドは、サイバー攻撃やクリミア併合を強行したのと同じ「リトル・グリーンメン」部隊による侵略開始、化学兵器や低威力核兵器の使用も想定している。

目前に迫る危機に、フィンランド議会の状況も変わる。NATO加盟に反対していた主要政党の中央党も社会民主党もその方針を見直しつつある。反対を続けているのは左翼同盟だけだが、NATO加盟申請を巡る議会での意思決定プロセスはまだ定まっていない。過半数でいいのか、それとも3分の2の賛成が必要なのか、憲法委員会が判断しなければならない。

欧州連合(EU)加盟国のフィンランドとスウェーデンは厳密に言えば「中立」ではない。1994年、NATOの「平和のためのパートナーシップ」に加わり、バルカン半島、アフガニスタン、イラクでのNATO主導の作戦やミッションに貢献してきた。ウクライナ侵攻後、NATOは両国との協力関係を加速させている。両国はNATOの演習にも参加する。

ウクライナ侵攻後、ロシアの恫喝にマリン氏はブレない。「国際法および欧州の安全保障の基本原則に対する重大な違反だ。わが国はウクライナの領土保全と主権を侵害するロシアの一方的な行動を非難する。近隣に自国の権益圏を広げたいロシアの野望は明らかだ」(2月22日、ロシアがウクライナ東部の親露派支配地域の独立を承認した後、フィンランド議会で)

「フィンランドも独立のために戦った歴史がある」

「ロシアの敵対行為の結果、多くのフィンランド人のNATOに対する見方は変わった。この問題は3月1日からフィンランド議会で審議される」(2月28日、アサルトライフル2500丁、弾倉15万個、対戦車ミサイル1500発をウクライナに提供することを発表。エストニアがフィンランドから購入した大砲をウクライナに移送することも許可)

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英中銀、市場安定へ国債650億ポンド買い入れ 来週

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、短距離2発 低高度で変則軌道

ビジネス

シンガポールのSATS、航空貨物処理最大手に 11

ワールド

北朝鮮のミサイル発射を強く非難、北京の大使館ルート

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中