コラム

「アンドルー王子は性的人身売買の犠牲者であることを知って性行為に及んだ」性接待を強いられた女性が訴え

2021年08月12日(木)19時48分
アンドルー英王子を訴えたバージニア・ジュフレ

アンドルー英王子との性行為を強いられたと主張するバージニア・ジュフレ(中央、2019年8月)Shannon Stapleton-REUTERS

<権力者や金持ちでも責任を問われることから逃れられない>

[ロンドン発]米富豪ジェフリー・エプスタイン被告=自殺 =による少女への性的虐待事件に関連して、被告と親交があったアンドルー英王子(61)=王位継承順位9位=から性的虐待を受けたとして当時17歳だったバージニア・ジュフレ(旧姓ロバーツ)さん(38)が米ニューヨークの連邦裁判所に7万5千ドル(830万円)の損害賠償訴訟を起こしました。

エプスタイン氏が多数の少女を囲っていたハーレムのメンバーだったバージニアさんは17歳だった2001年、ロンドンのタウンハウス、米マンハッタンにあるエプスタイン氏の邸宅、カリブ海のプライベートアイランドで3回にわたってアンドルー王子と性交を強いられたと主張しています。ニューヨーク州法では18歳未満との性行為は違法とされています。

メディアへの声明でバージニアさんは次のように述べています。「権力者や金持ちでも自分の行動に対して責任を問われることから逃れられない。他の犠牲者たちも沈黙と恐れの中では生きられないと気付くことを願っている。人間は声を上げて正義を求めることによって自分の人生を取り戻すことができる」

「私はアンドルー王子を訴えるという決定を安易にはできなかった。母として妻として家族が一番大事だ。この行動により、アンドルー王子とその代理人によってさらなる攻撃を受けることになることを私は知っている。しかし、私がこの行動を起こさなければ、いたるところにいる犠牲者を失望させるだろう」

エプスタイン氏は2019年に勾留中に自殺。昨年7月、元彼女の英社交界の名士ギレーヌ・マクスウェル被告を逮捕しました。これまで一貫して疑惑を否定してきたアンドルー王子は提訴に対し今のところ沈黙を守っています。しかし持ち時間は提訴から21日間。何もしなければ自動的にバージニアさんの勝訴が確定します。

16歳で「性の奴隷」としてリクルートされる

エプスタイン氏の性的人身売買がどのようにして行われたのか、15ページの訴状から事件を振り返ってみましょう。

・バージニアさんは16歳だった00年から02年にかけ、エプスタイン氏による性的人身売買と虐待の犠牲者だった。エプスタイン氏は億万長者にマッサージを提供するだけで200ドル(約2万2千円)が支払われると言って若い女の子を募集した。同じパターンで何人もの子供や若い女性がリクルートされた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=

ワールド

原油先物は上昇、米原油在庫減少で 中東の停戦期待で

ビジネス

製造業PMI7月は49.2に悪化、サービス業は50

ビジネス

三菱自株が10%超安、4─6月期決算で 「円安加味
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story