コラム

英国のEU離脱記念日は「××××年××月××日」玉砕した強硬離脱派

2019年04月11日(木)13時30分
英国のEU離脱記念日は「××××年××月××日」玉砕した強硬離脱派

「英国は決断する時だ」と“短期決戦”を唱えるマクロン仏大統領(4月10日、筆者撮影)

[ブリュッセル発]3月29日から4月12日に先送りされた英国の欧州連合(EU)離脱期限が、さらに10月31日まで延期された。これで英国が5月の欧州議会選に参加するという予想もしていなかった事態が起きるかもしれない。

4月10日、ブリュッセルで開かれたEU臨時首脳会議。6月30日までの短期延期を再び申し入れたテリーザ・メイ英首相に対し、EU側は"短期決戦(6月30日)"を迫るエマニュエル・マクロン仏大統領と"長期戦(1年程度の延期)"のアンゲラ・メルケル独首相が5時間にわたって激論を繰り広げた。

その妥協点が新しい欧州委員長が就任する前日の10月31日だった。英下院で過半数が形成された時点で英国はEUから離脱するという段取りだ。ドナルド・トゥスクEU大統領(首脳会議の常任議長)は「再延長も可能だ」と"長期戦"に含みを残した。

EU側が用意したドラフトには離脱期限は「××××年××月××日」と記されていた。いつまでたってもEUから離脱できない英国の未来を予感させる。"長期戦"になれば石頭の最強硬派も折れてメイ首相とEUの離脱協定書をのむという読みが働く。

主権にこだわる強硬離脱派

一方、"短期決戦"で英国を追い込まなければ、下院の過半数はいつまでたっても形成されず、EUの新たなプロジェクトに取り組めないという苛立ちが若いマクロン大統領にはある。その対立はメルケル首相のボディー・ランゲージに最近、露骨に現れている。

kimura1.jpg
スーツの色も一緒で、メイ英首相と打ち解けるメルケル独首相(4月10日、EU提供)


英国の最強硬派が関税自主権と北アイルランドの領土保全という主権問題に固執したため、英国のEU離脱は完全に宙に浮いてしまった。メイ首相は今、最大野党・労働党の強硬左派ジェレミー・コービン党首との与野党協議に望みをつなぐ。

メイ首相の次をあからさまに狙うボリス・ジョンソン前英外相は、市民生活と企業活動を大混乱に陥れる「合意なき離脱」も辞さない強硬離脱派。「合意なき離脱」を回避するという一点でメイ首相も、コービン党首も、EU首脳も利害が一致しているのが再延期の背景だ。

そもそも平和と繁栄のプロジェクトであるEUは「離婚(加盟国の離脱)」を想定していない。紙切れ一枚の離婚届を市町村に提出すれば別れられる日本と違って、英国とEUの「離婚届(離脱協定書)」は585ページもある。

さらに加盟各国の議会、EU首脳会議、欧州議会の承認が必要で、46年に及んだ英国とEUの結婚生活に終止符を打つのは至難の業だ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!