コラム

日本経済が低迷する本当の理由は「中間搾取」と「下請け構造」

2019年04月16日(火)14時55分

下請け構造や中間搾取が経済を低迷させる元凶

本来、実施すべき構造改革には数多くのテーマがあるが、特に優先順位が高いと考えられるのが下請け構造と中間搾取の問題である。

企業は得意な分野に特化した方がよいので、機能ごとに階層分離すること自体は悪いことではない。ある完成品メーカーが単純な部品の製造を別の企業に依頼するというのは諸外国でもよく見られる光景である。だが、市場メカニズムがしっかりしている経済の場合、付加価値の低い製品の製造を請け負った企業は、合併などによって市場シェアを高め、元請け企業との交渉力を高めようとする。あるいは一定価格以下の仕事は利益が出ないので断ってしまい、製品を供給する企業数が最適化されることで価格は一定以下には落ちない。

ところが日本の場合、こうしたメカニズムは働かず、下請け企業がいつまでも価格交渉力を持てないまま、元請け企業は際限のない値引き要求を続けるという悪循環に陥ってしまう。下請け企業はさらに孫請けの企業に仕事を投げ、コストカットを試みるので、経済全体では壮大なムダが発生してしまうのだ。

流通も同じである。商品をすみずみまで流通させるためには、1次卸、2次卸といった具体にある程度の階層構造になるのはやむを得ない。だが日本の場合には、流通も合理化されておらず、複雑な商流を維持している業界は多い。海外の場合、メーカーに直接掛け合えば製品を売ってくれるケースは珍しくないが、日本の場合には、業界の和を乱すといった理由でメーカーは絶対に最終顧客に直接製品を販売しないことも多い。

こうした状況が行きすぎると、中間搾取だけを目的とした企業が多数、温存されることになる。実際、IT業界などでは、元請けが受けた仕事を下請けとして請け負い、その仕事を孫請けに丸投げするだけの企業も多い。

運送業界でも同じようなケースがある。再配達問題などで運送会社の社員の過重労働が問題となっているが、一部の運送会社は拠点間輸送を信じられない水準の料金で下請けに丸投げしている。顧客から受け取った配送料の多くは、運送会社が受け取ってしまい、下請けの運送会社には適正な代金が支払われていない。これでは業界全体が疲弊するのも当然である。

日本の貧困率の高さは異常であり、すぐにでも改革が必要

同一の統計ではないので厳密な比較はできないが、日本では人口1000万人あたり約28万の事業所が存在しているのに対して、米国では24万しかない(中小企業庁および米国勢調査局)。日本は人口に比してムダに会社数が多いということだが、その理由のひとつとなっているのが中間マージンを取ることだけを目的にする事業者の存在である。

これに加えて日本の場合、社員14人以下の企業に勤務する人の割合は22%だが、米国では推定15%以下となっている。日本では小規模な事業所が多く、経済全体で合理化が進んでいないという状況が推察される。

もっともドイツのように世界トップクラスの生産性を実現しながら、日本と同じように多数の中小企業が存在する国もある。だがドイツの中小企業の競争力は極めて高く、直接、製品を海外に販売する中小メーカーも多い。ニッチな分野で高い競争力を発揮する企業があえて規模を抑制しているという状況であり、日本の下請け企業とはかなり様子が異なっている。

中間マージンを取るだけの企業が生み出す付加価値は低く、薄利多売にならざるをえない。当然のことながらその企業で働く従業員の賃金は安い。しかもこうした企業は中間生産物しか生産しないので、GDP(国内総生産)には直接的に寄与しない。こうした企業が別の製品やサービスの提供にシフトすれば、あっと言う間に日本のGDPは増え、付加価値が上昇する分、賃金も上がるだろう。

だが市場の合理化を実現するためには、企業の統廃合や労働者の転職が促進されるよう、市場の流動性を高める政策が必要となる。

一部の人は、こうした環境に置かれる正社員が出てくることについて猛反発しており、これが諸改革を遅らせている。だが、今の日本では非正規労働者を中心に、多数の国民が貧困に追い込まれており、先進国としてはすでに異常事態である。一部の恵まれた正社員の絶対的な安定を最優先するという合理的な理由はない。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

アストラゼネカ、新たなコロナワクチン治験も 有効性

ビジネス

ユーロ3カ月ぶり高値から下げ転換、コロナ巡る懸念で

ビジネス

ECB、12月理事会で多少異なる決定も=アイルラン

ワールド

ジョンソン英首相、新首席補佐官を選定 最側近辞任で

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 3

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞台裏

  • 4

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 5

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 8

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 9

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 10

    バイデンとの関係に苦慮する文在寅政権

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 7

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!