コラム

もうアメリカにひれ伏さない――ドイツが「新生欧州」の盟主になる時

2020年06月30日(火)17時00分
もうアメリカにひれ伏さない――ドイツが「新生欧州」の盟主になる時

落ち目だったがコロナ対応で復活したメルケル KAY NIETFELDーPOOLーREUTERS

<レームダック状態から復活したメルケルがコペルニクス的転換で米中新時代に立ち向かう>

2015年のシリア難民の大量受け入れで指導力を失っていたドイツのメルケル首相は、新型コロナウイルスへの初動対応が評価され奇跡的に力を取り戻した。

勢いに乗ったのか、メルケルは5月18日にマクロン仏大統領とのテレビ会談で大きな意味ある合意をする。「新型コロナで疲弊したEU加盟国を救うために、5000億ユーロの基金を立ち上げる。その原資は初のEU国債を発行して集める。以上を欧州委員会に提案する」というのである。

20200707issue_cover200.jpg

ドイツのカネを引き当てに、他の加盟国のために低利で起債しようというのだ。インフレを恐れて、財政赤字につながる南欧諸国救済にはすげない対応をしてきたメルケルが百八十度の方向転換をした。

これに世界は驚いた。かつて独立戦争後のアメリカで、各州の借金を連邦政府が肩代わりすることで、弱体だった連邦政府の力を一気に高めたハミルトン初代合衆国財務長官の手法に倣ったメルケルの「ハミルトン的瞬間」だともてはやされた。

もっとも、EUがアメリカほどに統合されるとは思わない。ただ基金が実現すれば、第2次大戦後にアメリカが対欧貿易関係を再始動させ、同時にドル支配体制を固めたマーシャル・プラン級のインパクトを持つ。ドイツが欧州の盟主として登場することになるが、このメルケルの方針転換のウラにはトランプ米大統領の執拗な圧力に対する反発がある。

自身もドイツ人の血が流れているというのに、トランプのドイツたたきは執拗で激しい。かつてドイツで不動産事業が思うようにできなかったことへの恨みかもしれない。彼の言い分は、「ドイツは巨額の対米黒字があるにもかかわらず、ロシアから天然ガスを輸入し、アメリカのシェールガスは買ってくれない。ロシア軍対策に関しては3万5000もの在独米軍に頼り、その費用は十分支払わない」ということにある。

両首脳のやりとりは感情的になる一方だ。トランプはテレビ会議での実施を予定していたG7首脳会議を、6月末にワシントン近郊で現地開催する、と突然表明。だがメルケルはそれを一蹴してトランプを激怒させ、在独米軍を9500人ほど削減するという発言を引き出してしまった。

ドイツは昔から、欧州大陸の政治・経済のへそのような存在。その方向転換は世界の政治・経済の枠組みを大きく変える。2度の世界大戦もドイツの有り余る力と自負心から起きた。

だから第2次大戦後、NATO=米欧同盟がつくられた時、初代事務総長のイズメイは名言を吐いた。「NATOの目的はドイツを内部で抑え、ソ連を閉め出し、アメリカを招き入れることにある」と。ドイツという魔神を閉じ込めていた米欧同盟というビンを、トランプは何も知らない子供のようにたたき壊したのだ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

ニュース速報

ワールド

ワクチン確保競争激化 EUが輸出監視強化、英は契約

ワールド

中国、台湾独立は「戦争を意味する」 支持勢力の挑発

ビジネス

米新規失業保険申請84.7万件、前週から改善

ビジネス

米マクドナルド、第4四半期決算は予想下回る 欧州の

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!