コラム

わが町の市への昇格が名誉だけど残念な理由

2022年07月01日(金)16時45分
コルチェスター城

コルチェスター城をはじめ数々の名所旧跡もあり長い歴史を誇り文化の香り高く人口も急増しているわが町コルチェスターは、市に昇格する資格十分……だったはず Public Domain

<ジュビリーを記念し僕が住む英エセックス州コルチェスターが長年の悲願を果たして市になったが、地域バランスを重視しすぎの新市誕生はどれも微妙>

英エリザベス女王の在位70年「プラチナ・ジュビリー」の盛り上がりの中で、僕はこのビッグニュースをほとんど忘れそうになっていた。僕の住む町が、市になったのだ。コルチェスター市だ。

ここがただの町にとどまっているのは、長年気にかかっていた。正確に言えば、10年間気にかかっていた。10年前の2012年、女王の在位60年「ダイヤモンド・ジュビリー」に際し、3つの新たな市が誕生した。もしも最も主張の声が大きい3つが選ばれていたとしたら、僕たちのエセックス州コルチェスターがあのとき市になっていただろう。でもたまたま、他に強敵の候補――チェルムスフォード――が同じ州内にあった。だから半ば政治的な理由で、上層部は新たな市をエセックス州から2つ、それ以外の州から1つ、というふうにするのは避けたかった。

もしエセックス州から2つの市ができていたら、他の地域の人々も不愉快になっただろう。フェアじゃない......保守党員が大勢住んでいて、そろいもそろって金持ちばかりの南東部に2つも新市が誕生するなんて既定路線じゃないか、と。

チェルムスフォードとコルチェスターは、他の地域の人々から見ればどちらも区別がつかないような場所で、僕が東京に住んでいたときに高崎市と前橋市を区別できなかったような感じだ。僕がそんなことを言ったら群馬県の人がイラッとするのと同じくらい、僕だって、誰かが「歴史的で文化の香り高い」コルチェスターと「無作法で味気なくてなんら特徴のないベッドタウン」チェルムスフォードを混同したらイラつくだろう。

だから、2012年には「2つに1つ」でチェルムスフォードが勝った。たぶん、大聖堂があるからだろう。他の2つの市はウェールズのセント・アサフとスコットランドのパースが選ばれた。全てはバランスの問題なのだ。

存在感が薄すぎる面々

でも僕たちには、十分すぎる資格がある。以前に僕は紹介したことがあっただろうか。コルチェスターは2000年以上の歴史を持つ町だということを。ローマの侵略者たちが、この町をイギリスの首都だと思い込んだということを(実際にはいくつかある地方首都の1つにすぎなかったが、間違いなく主要な部類に入った)。コルチェスターにローマの寺院があったことを。ノルマン様式の城が今もあることを。イングランド内戦ではここが大規模な戦闘の地になったことを。そしてここには、見事なビクトリア朝の家々や建築物があり、大学があり、英軍基地があり、人口が急増しており、新たな美術館が誕生しており......。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

ビジネス

米国株式市場=下落、米債利回り上昇で大型株に売り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中