コラム

東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい

2019年09月19日(木)16時00分
東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい

ロンドン五輪で金メダルにキスするレスリングのタイマゾフ選手 Grigory Dukor-REUTERS

<ドーピングで132人が失格処分となり、メダル剥奪の選手が続出していまだに勝者が決まっていない競技もある2012年のロンドンオリンピック。五輪はそう簡単に終わらない>

この夏の間、「東京オリンピックまであと1年」という記事がよく出回った。そうした記事を読んで「オリンピックは成功するのだろうか」と気になった人もいれば、「猛暑が大問題になるのでは」「誰がメダルを手にするんだろう」と考えた人もいるかもしれない。あるいは、「来年の今頃にはもう全て終わってしまうんだな」と寂しさを感じる人もいるかもしれない。

そんな人々に、朗報を伝えたい。ある意味、オリンピックはそう簡単には終わらない、と。なにしろ、 僕はいまだに2012年ロンドンオリンピックの結果を注視している。今これを書いているこの瞬間も、7年前のレスリング男子フリースタイル120キロ級で、「誰が金メダルで誰が銀メダルになるだろう」と思いを巡らせているのだ。

当時、ウズベキスタンのアルトゥール・タイマゾフが優勝。だがこれで勝負ありと判断するのはあまりに時期尚早だった。ロンドン五輪の際に提出された彼の検体が再検査にかけられ、禁止薬物が検出されて、彼は今年7月にメダルを剥奪された。タイマゾフにとっては大打撃だったに違いない、なぜなら既に2017年にも北京五輪(08年)で獲得した金メダルを剥奪されているのだから。幸い、アテネ(04年・金)とシドニー(00年・銀)のメダルは、まだ手元にあるようだ。

ならば、2012年の決勝でタイマゾフに敗れた相手、ダビト・モジマナシャビリ(当時ジョージア、現ウズベキスタン)が繰り上げ優勝になるものと思うだろう。ところが、ほんの数カ月前、彼もドーピング発覚で銀メダルを剥奪されている。だから今となっては、誰がメダルをもらうべきなのか、もはや判断できない状態だ。

これは極めて珍しい事件というわけではない。ロンドン五輪ではこれまでにドーピング検査で、金メダリスト7人がメダルを剥奪され、合計60人が失格になった。陸上女子1500メートルでは、決勝に進出した選手のうち金メダリストと銀メダリストを含む4人が失格となった。

上位2人が抜けたことで、ロシアのタチアナ・トマショワが2位に浮上した。これで銀メダルをもらえることになったら、さぞうれしいに違いない。というのも彼女は、2008~2010年の2年間、競技に出場できなかったのだから。怪我ではない。尿検体をすり替えた疑いで資格停止になっていたのだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

ニュース速報

ワールド

イタリア、新型コロナ非常事態宣言を31日以降も継続

ビジネス

ドイツ経済、2022年初めにはコロナ危機前の水準に

ビジネス

ホンダ、中国CATLに出資 新エネ車用バッテリー共

ワールド

英国、70カ国・地域からの入国者隔離措置を撤廃

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!