コラム

サウジアラビア「要人大量逮捕」は本当に政敵駆逐が目的か

2017年11月27日(月)17時31分
サウジアラビア「要人大量逮捕」は本当に政敵駆逐が目的か

果たしてムハンマド皇太子の狙いは何なのか Saudi Press Agency/Handout via REUTERS

<著名投資家を含む200人以上が腐敗・汚職などの容疑で逮捕され、世界中のメディアの注目を集めているが、捕まったとみられる人物1人1人を見て行くと、いまだ不可解な点が多い。ムハンマド皇太子の権力基盤強化のためとの分析が多いが......>

サウジアラビアのサルマーン国王は11月4日、ムトイブ国家警備隊相、アーデル・ファキーフ経済企画相、アブダッラー・スルターン海軍司令官を解任、さらに腐敗防止最高委員会を設置し、実子であるムハンマド皇太子(以下MbS)をその議長に任命した。

この委員会の最初の仕事は200人以上を腐敗・汚職などの容疑で逮捕することであった。このなかには11人の王族を含む多数の政財界の要人が含まれているという。具体的な容疑は詳らかにされていないが、サウジ公式メディアでは南西部の都市ジェッダでの洪水、感染症のMERS(中東呼吸器症候群)対策などで捜査がはじまったことが指摘されている。

フォーブス誌でもお馴染みの有名な投資家、ワリード・ビン・タラール王子が逮捕されたと報じられたこともあって、世界中のメディアの注目を集めたが、実はサウジアラビアでは拘束された要人の名前すら公式には明らかにされていない。したがって、大騒ぎはしているものの、全部憶測で議論しているのにすぎないのだ。

ヘリコプター事故で死亡したマンスール王子に関する噂

とはいえ、火のないところに何とやら、名前が取り沙汰されるにはそれなりの理由があるはずだ。解任された上の3人は捕まっているのはほぼ確実だろうし、ワリード王子も11月1日を最後にツイッター(@Alwaleed_Talal)への投稿がとまっているので、たぶんアウトだろう。

ただし、彼のツイートからは逮捕の予兆はつかめない。同王子は、MbSの主導する脱石油依存の経済改革プログラム、サウジ・ビジョン2030への支持を明確にしており、政権中枢と政治的に対立していたわけではない。だが、彼の父、タラールがMbSに批判的だったので、その煽りを受けたからとか、彼が米国のトランプ大統領を批判したからだともいわれている。

ちなみに、未確認であるが、ワリードの娘、リーム王女も捕まったとする報道があった。彼女のツイッター(@Reem_Alwaleed)は11月5日以降更新されていないが、それだけで逮捕と断定するのは早計だろう。そもそも父親が捕まっていたら、娘がツイートできるとも思えない。

なお、彼女の最後のツイートは、ヘリコプター事故で死亡した従兄弟のマンスール・ビン・ムグリン王子に対する弔意(リツイート)で、そのまえは、イエメンのシーア派組織フーシー派のサウジへのミサイル攻撃に関するものである。身の危険が迫っているのをうかがわせる文言は見当たらなかった。

事故死したマンスール王子に関しても、死亡と腐敗容疑を結びつける噂が流れている。逃亡しようとして、事故死したとか、果ては暗殺されたとの疑惑もある。彼自身はこれまで政界で目立つ役割を果たしてきたわけではないが、なぜ彼にそんな噂が出るのかといえば、彼の父がムグリン元皇太子であるからだ。

ムグリンは、MbSの2代前の皇太子で、2015年にサルマーン国王に皇太子職を解任された経緯がある。その結果、当時副皇太子だったムハンマド・ビン・ナーイフ(以下MbN)が皇太子に昇格し、MbSが副皇太子に任命されたのである。つまり、MbSを昇進させるために、ムグリンは王位継承レースから弾き飛ばされた格好だ。ムグリン家の一員としてサルマーン家に恨みを抱いたとしても不思議はないというロジックである。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

インドとパキスタンが極秘会合、カシミール地方の緊張

ビジネス

米ウーバー、9月中旬までにオフィス勤務再開へ

ワールド

ブラジル・サンパウロ州、コロナ重症患者の治療「崩壊

ビジネス

米スペースX、11.6億ドル調達 新株発行で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 3

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 4

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 5

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 6

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 7

    ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

  • 8

    飲食店の「違反営業」許さず! 米市当局の過激な実力…

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中