ニュース速報
ワールド

アングル:タリバン政権下で奮闘する女性ユーチューバー、生活の糧に

2024年04月21日(日)08時06分

 その居間の様子は、かつて彼女が愛した華やかできらびやかな撮影現場とかけ離れていた。それでもイスラム主義組織タリバンが権力を握り、女性の外出がますます難しくなっている昨今のアフガニスタンでは、女性が自宅で動画投稿サイト「ユーチューブ」の動画を作って公開し、収入を得ることにはそれなりにメリットがあると、かつて映画やテレビに出演していたセタイシュ・ハヤトさん(21)は考えている。写真は2022年、カブールで生活補助を受けるために列に並ぶ避難民の女性たち(2024年 ロイター/Ali Khara)

Rohullah Talaash Orooj Hakimi

[カブール 17日 トムソン・ロイター財団] - その居間の様子は、かつて彼女が愛した華やかできらびやかな撮影現場とかけ離れていた。それでもイスラム主義組織タリバンが権力を握り、女性の外出がますます難しくなっている昨今のアフガニスタンでは、女性が自宅で動画投稿サイト「ユーチューブ」の動画を作って公開し、収入を得ることにはそれなりにメリットがあると、かつて映画やテレビに出演していたセタイシュ・ハヤトさん(21)は考えている。

タリバンは2021年に政権を掌握し、女優が出演するテレビドラマの放映を禁じ、ニュース番組の女性キャスターにヒジャブ(スカーフ)の着用を命じるなど女性の行動を厳しく制限。ハヤトさんは、規制されるまで新進気鋭の女優として活動していた。今では料理やファッション、メイクアップから家族との寸劇まで、月に約30本の動画を制作し、ユーチューブにアップしている。

アフガニスタンでは生計を立てるためにオンラインを活用する女性ユーチューバーが増えている。その中でハヤトさんは最も成功した女性の一人だ。

「カメラや照明、クレーン、派手な小道具など特別な機材は一切使わない。携帯電話で録画している」と語るハヤトさん。昨年9月に開設したチャンネルは、登録者数が2万人余りに達している。

ユーチューブのせいで危険な目に遭ったことがあるため、たまに戸外で撮影する際には安全に配慮して医療用マスクとサングラスを着用する。収入金額は明らかにしなかったが、家族を養うには十分だという。

諸外国の経済制裁によってアフガニスタンの銀行は取引が厳しく制限されている。このため、ほとんどのユーチューブ・コンテンツ・クリエーターは、海外にいる友人に送金会社経由で利益を送金してもらっている。ハヤトさんの視聴者が多いのは米国、カナダ、デンマーク、オーストラリアだが、トルコ、パキスタン、アフガニスタンでも視聴されているという。

<タリバンの支配>

タリバンは女性の就労や教育を厳しく制限している。

「女性がメディアの分野ではほとんど働けない今の状況では、ユーチューブは良い選択肢だし、生活費も賄える」と語るマイナ・サダトさんは元法学部の学生。女性が大学で学ぶことを禁じられた後、ユーチューブ向けの動画作成を始めた。

女性の権利を求める活動家、ファウジア・クーフィさんは、ユーチューブは女性にとって収入源であるだけでなく、自分のメッセージや経験、願いを発信する手段にもなっていると指摘。「アフガニスタンの女性はみんな携帯電話を持ち、世界とつながっている。自信を手に入れた世代を押しとどめることなどできない」と期待を口にした。

しかし、ハヤトさんなど女性ユーチューバーの多くは情報文化省の放送免許を保有しておらず、チャンネルが閉鎖されるのではないかと恐れている。タリバン政権はソーシャルメディアのインフルエンサーやコンテンツ制作者に放送免許の保有を義務付けている。

「タリバンはアフガニスタンで活動する全てのユーチューバーに免許取得を義務付けようとしている」と、アフガニスタン・ユーチューブ連合の副代表、シャダブ・グルザールは指摘。ひとたびライセンスを取得すれば、管理が厳しくなり、取り決めに従って活動せざるを得なくなると警戒感を示した。

<生き残りを賭けて>

タリバンは女性ユーチューバーについて、ジャーナリズムの学位と3年間の実務経験など免許取得基準を満たしていれば何の問題もないと断言した。だが、タリバンが権力を握る前に勉強したり、仕事をしたりしていなかった女性がこうした要件を満たすのは極めて難しい。

情報文化省の報道官によると、国内の女性ユーチューバーの数は不明だが、運営されているチャンネルは1000余りで、免許の発行は250件。

グルザール氏の話では、ユーチューブは多くの女性にとって生活費を賄う重要な収入源となっている。国内ユーチューバーの10―15%程度が月に1500―2000ドルを稼ぎ、半数強が平均500ドルを手にしている。1人当たり国内総生産(GDP)が350ドル強のアフガニスタンではかなりの金額だ。

女性たちは、在宅でのユーチューブ活動が生き残りの鍵だと訴える。

元キャスターのアイーシャ・ニアジさんと彼女の夫は、ジャーナリストとしての仕事を断念せざるを得なくなり、家族を養うためユーチューブを活用することにした。

「アフガニスタンの今の状況で、スクリーンに身をさらすことはリスクを伴う。けれど収入を得るために何かせざるを得なかった」と話すニアジさんは、ユーチューブで週に3回、文化や歴史に関する動画をアップし、月に約300ドルの収入を得ている。「母親として、双子の子どもを飢えさせることはできなかった」と心境を明かした。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引

ワールド

ノルウェー、パレスチナ国家承認へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中