ニュース速報

ビジネス

ドル2カ月半ぶり安値、インフレ観測が重し=NY市場

2021年05月11日(火)07時16分

5月10日、 ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策を維持する中、インフレが上向けばドルの価値が目減りするとの見方が出ていることを背景に、ドルが2カ月半ぶりの低水準で推移した。写真は米ドル紙幣。7日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策を維持する中、インフレが上向けばドルの価値が目減りするとの見方が出ていることを背景に、ドルが2カ月半ぶりの低水準で推移した。

普通国債と物価連動債(TIPS)の利回り格差であるブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は、この日の取引で5年物が2011年4月、10年物が13年3月以来の高水準を更新。こうした中でも、7日発表の4月の雇用統計で雇用の伸びが予想を大幅に下回ったことで、物価が上昇したとしてもFRBは低金利政策と資産買い入れ策を維持するとの見方が強くなっている。

BNPパリバの北米外為戦略部門責任者、Daniel Katzive氏は「実質利回りの低下が続いていることが、ドルの最大の重しになっている」と指摘。BMOキャピタル・マーケッツの外為戦略部門グローバル責任者、グレッグ・アンダーソン氏は「FRBは23年までインフレ高進を容認するだろう。22年に利上げに踏み切ったらかなりの大きなサプライズになる」と述べた。

今週は12日発表の消費者物価指数(CPI)と14日発表の小売売上高が注目されている。

主要6通貨に対するドル指数は一時2月25日以来の安値を更新。その後は0.06%高の90.205。

英ポンドは対ドルで1.416ドルと、2月25日以来の高値を更新。その後は1.02%高の1.413ドル。

カナダドルも対米ドルで上昇し、0.36%高の1.209米ドルと、17年9月以来の高値を付けた。

暗号資産(仮想通貨)のイーサは続伸し、4148.88ドル。月初からの上昇率は41%に達した。

ドル/円 NY終値 108.78/108.81

始値 108.73

高値 108.87

安値 108.66

ユーロ/ドル NY終値 1.2129/1.2131

始値 1.2164

高値 1.2177

安値 1.2129

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

FRB議長、米経済「持続的に改善」 物価「ここ数カ

ビジネス

米経済は急速に回復、FRBの政策変更には不十分=N

ワールド

イラン次期大統領、核合意再建に前向き バイデン氏と

ワールド

米大統領、超党派インフラ投資案巡り協議継続 財源で

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中