コラム

独裁者プーチンの冷酷さを表す逸話(?)

2022年03月17日(木)17時30分
プーチンとバイデン

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<あるロシア人ジャーナリストは「ソ連が残した良き遺産はジョークだけ」と言った。いつの時代もロシアの民衆はしぶとく、独裁者に屈することはなかった>

【忠誠心】
ロシアのプーチン大統領が訪米し、アメリカのバイデン大統領と会談した。舞台は国連の本部ビルの最上階だった。

休憩中、2人はそれぞれの側近の忠誠心を試してみようということになった。

初めにバイデンが自身の側近の1人に言った。

「おい、そこの窓から飛び降りろ」

すると部下は泣きながら言った。

「勘弁してください。私には妻も子供もいるのです」

バイデンは笑って答えた。

「冗談だよ。すまなかったな」

続いてプーチンが自身の側近の1人に言った。

「おい、そこの窓から飛び降りろ」

するとその側近は、泣きながら窓に向かって近づいていった。バイデンが驚いて彼を止めて言った。

「本気にする奴がいるか! こんな所から飛び降りたら死ぬぞ」

それを聞いた彼は叫んだ。

「止めないでください!」

彼は続けた。

「私には妻も子供もいるのです!」

◇ ◇ ◇

ロシアという国は実は「ジョーク大国」。ロシア人ほどジョーク好きの民族はいないかもしれない。

ロシアではジョークのことを「アネクドート」と呼ぶ。ソ連時代、共産党による民衆への弾圧が激しくなるにつれ、アネクドートは発展した。

指導者を批判する自由を奪われた民衆は、陰に隠れて恐怖政治を笑うアネクドートを楽しんだのである。

スターリン、フルシチョフ、ブレジネフなど、笑いの標的に苦労することはなかった。いつの時代も民衆はしぶとく、独裁者に屈服することはなかった。

私の知人のロシア人ジャーナリストは「ソ連が残した良き遺産はジョークだけ」と言って笑っていたが、こういう何げない言葉の内側に歴史の真実は宿る。

そして今、世界のジョークの主役となっているのがウラジーミル・プーチンである。

元KGB(ソ連国家保安委員会)というそのキャラクターは、以前からジョーク界でも特異な存在感を発揮してきたが、今回のウクライナ侵攻によって一挙に主役に躍り出た。

ついに世界中を敵に回した

プーチンはレニングラード(現・サンクトペテルブルク)の生まれ。父親は機械技師で、一家の暮らし向きは決して豊かではなかったとされる。

そんな彼が夢中になったのが柔道だった。以前、北方領土問題に関して「引き分け」という柔道の表現を用い、日本側をはぐらかし続けたことは、いまだ記憶に新しい。

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)、『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)など。最新刊は『戦時下のノーサイド 大学ラグビー部員たちの生と死』(さくら舎)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英中銀、市場安定へ長期国債を一時買い入れ 来週から

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、短距離2発 日本のEEZ外に

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中