コラム

中国製ワクチンを打った!副反応は? → 「偉大なる...」

2021年04月28日(水)17時05分
中国製ワクチン

ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

<ワクチンの世界的な争奪戦が激化している。中国製ワクチン、アメリカ製ワクチン、ロシア製ワクチン。こんなジョークが世界で流行中だ>

【副反応】
中国製の新型コロナウイルスワクチンを接種した日本人が言った。

「多くの日本人が中国製ワクチンに不安を感じるのはよく分かります。しかし、結論から言うと何の問題もありません。

副反応ですか? 私の場合は、全くありませんね。何ら異常ありませんよ。

とにかくこれは習近平(シー・チンピン)国家主席のおかげです。偉大なる中国共産党への感謝の気持ちが自然とあふれてきます。謝謝」

◇ ◇ ◇

ワクチンの世界的な争奪戦が激化している。

中国ではシノバックやシノファームといった自国企業が開発したワクチンの接種が進行中。さらに「ワクチン外交」を標榜し、国外への輸出にも力を入れている。

しかし、これには世界各国から「ウイルスのほうがマシ」「瓶にドクロマークを付けておいて」といった声が続出。

フランスのマクロン大統領は中国製ワクチンに関し、「情報が一切共有されていないため有効性は不明」「効果がなければ新たな変異さえ助長しかねない」などと発言している。

アメリカやイギリスでは接種が順調に進んでいるが、フランスやドイツでは遅れが目立ち、感染者数を思うように抑え込めていない。

ロシアは「スプートニクV」などのワクチン開発に成功。「スプートニクV」は既に世界50カ国以上で承認されている。

ただし、ロシア国内では「本当はアメリカやイギリス製のワクチンがいい」との声も。また、アルゼンチンのフェルナンデス大統領は「スプートニクV」を接種したが、その後の検査で「陽性」に。

ロシア製ワクチンに関しては、以下のようなジョークも流行中である。

◇ ◇ ◇

【効能】
アメリカとロシアのワクチン。それぞれの効能とは?

アメリカ製ワクチン――接種後、「自由」や「正義」が口癖になる。

ロシア製ワクチン――接種後、オリンピックで金メダルが取れるようになる。

◇ ◇ ◇

プロフィール

早坂 隆

ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、米国の高インフレ「予想外に長引く可能

ビジネス

米5月新築住宅販売5.9%減、1年ぶり低水準 価格

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米製造業PMI、6月は過去最高 価格上昇続く

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中