コラム

カニエとトランプは2人とも「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」

2020年07月17日(金)16時15分
カニエとトランプは2人とも「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」

かつてはトランプ支持を明言していたカニエ ANDREW HARRER-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<ヒップホップ界のスター、カニエ・ウェストの大統領選への立候補は驚くようなことではない。ウェストの行動が映し出す今日のアメリカ社会の実像とは>

今も昔も民主主義国で選挙に臨む政治家は、高邁な理念に見せ掛けて、常に有権者の自己愛と利己心、そして恐怖心に訴え掛けようとしてきた。普通の国民が社会の価値観を形づくる時代の政治は、バーで酔っぱらいがわめき散らすざれごとに似てくる。

その点では、このドナルド・トランプの時代に、ヒップホップ界のスター、カニエ・ウェストが大統領選への立候補を宣言したのはそれほど驚くようなことではないのかもしれない。

これをシュールな茶番劇として片付けるのは簡単だ。しかし、ウェストの出馬表明はアメリカの政治と社会の本質を浮き彫りにしている。

好意的に解釈すれば、これまで彼が作品で取り上げてきた不正義を是正したいという使命感に駆られて行動したと見なせなくもない。ウェストの曲は、社会でまかり通る不正義と、抑圧と疎外の中で痛みと不信を抱きつつも人生の意義と喜びを見いだそうとする個人の苦闘を描き出している。その半面、ウェストは、自らが提起してきた問題にどのように対処すればいいかという一貫した考えを持ち合わせていない。

米社会のエリート嫌悪を象徴

7月4日の出馬表明は、その4日前に新曲「ウォッシュ・アス・イン・ザ・ブラッド」をリリースしたタイミングで注目を集めることが目的だったようにも思える(この曲は、人種的不正義と黒人の怒りを表現しつつ、黒人の勇気と決意をたたえるパワフルな作品だと思う)。

出馬表明は、大統領選でトランプの再選を助けるための行動だという見方もある。黒人であるウェストが反トランプ票、とりわけ黒人票を吸い上げることにより、民主党のジョー・バイデン候補の得票を減らすことをもくろんでいる、というわけだ。

もっとも、アメリカの黒人のうちでウェストを好意的にみている人は約9%にとどまる。この反応は意外でない。彼はトランプ支持を明言していて、2年前にはアメリカの奴隷制度を肯定するかのような発言をしたことがあるからだ。いま有権者の関心は、新型コロナウイルス、失業、黒人に対する警察の暴力に向いている。

そもそもウェストは、大統領選に立候補するために必要な手続きや政治的準備を進めていない。それでも、本当に出馬するかはともかく、少なくとも望みどおり(一瞬にせよ)スポットライトを浴びることはできるだろう。

【関連記事】カニエ・ウエスト、迷走する大統領選出馬の真相

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

ニュース速報

ワールド

世界の新型コロナ感染者、1億人突破 人口の1.3%

ビジネス

新生銀行とマネックス証券、金融商品仲介業務で包括的

ワールド

東京五輪、一部アスリートは不参加も=NZ五輪委トッ

ビジネス

前場の日経平均は小反発、FOMC結果待ちで徐々に模

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!