コラム

プーチンの侵略戦争に「No!」渋谷に2000人、国内最大規模の叫び

2022年02月26日(土)22時10分

渋谷ハチ公前にウクライナ人と日本人約2000人が集まった (筆者撮影)

<ロシア軍の攻撃にさらされる母国や家族を守るために何もできない在日ウクライナ人の絶望が伝わってきた。家に帰って#CNNを観るだけの自分だが、それでも味方であると言いたい>

プーチンが第二次世界大戦以降の世界秩序をひっくり返してから、日本時間換算でこの原稿執筆時点(2月26日夕刻)において第3日目となる。プーチンはその目論見をウクライナ東部ドンバス地方であると世界の目線を欺罔しておいて、実際の主目標はドンバスなどではなく最初から首都キエフの占領及び、クリミア方面から北上する助攻によってウクライナの事実上の南北分断にあることが明らかとなったと言える。

プーチンが古典的な侵略戦争を開始した以上、またも古典的な戦争の教科書に従えば、地の利があるウクライナ軍は、兵力に劣るとはいえ、ある程度善戦しているとの報があるが、それはまたぞろ古典的な遅滞戦術を取りつつウ軍が後退している結果なのか、或いは道路等を通じて突出してきたロシア軍小部隊を伏撃している結果なのか、全く情報が錯綜しており分からない。いずれにせよウクライナ軍の初期善戦が事実だとしても、ウ国境に展開した20万人程度のロシア軍全部が戦線に投入されておらず、余力を残している事実を考えるとき、圧倒的物量に対してウ軍は根本的戦局の挽回には至っていないと考えるのが普通で、結局キエフは陥落必至なのではないか、というのがまず共通諒解であろう。

でっち上げの侵略戦争

そんな中、世界中で、ロシア国内でも、プーチンの滅茶苦茶なでっち上げの大侵略戦争へ反戦の声が上がり始めたのは必定である。そして遂に日本でも、ウクライナへの本格侵略から初めての週末となる2月26日13時ごろから、東京・渋谷で在日ウクライナ人らを主催とした侵略後、最大級の反戦大規模集会が開催されたのであった。この集会は、在日ウクライナ大使館などがSNS上などで事前に拡散していたが、主催者は在日ウクライナ民間人有志であり、全く草の根の集会で、それに対しプーチンの侵略を許さないという想いを持った多くの日本人もが参加したものである。最終的に主催者発表によるとそれは2000人以上になるという壮挙である。

プーチンによる全面侵略に憤怒する私は、渋谷での反戦集会を知り矢も楯もたまらず、即座に渋谷に向かった。集結場所の渋谷ハチ公前は13時を過ぎて、すでに黒山の人だかりであった。如何にこの侵略に対し、非ウクライナ人=日本人も強い義憤を抱いているのかがわかる。コロナによる密状態を少しでも抑えんがため、やがて群衆は在日ウクライナ人主催者らと、群衆である日本人らに分かれていく。ウクライナ国歌斉唱が始まり、大喝さいが起こる。群衆の多くは日本人で、その国家に謳われている歌詞の意味が何であるかは分からないと思うのだが、斉唱が終わると自然と「NO WAR」の叫びが上がる。ウクライナ人からは「ウクライナ!ウクライナ!」の連呼が起こった。彼らの遠き故郷を思う気持ち、救国の志が痛いほど伝わってきた。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

2022年の中国成長率は3.3%、S&Pが今年2回

ワールド

ロシア、ノルウェーに報復警告 「北極圏の集落に物資

ビジネス

NY連銀、社債市場の窮迫度示す指数を毎月公表 価格

ビジネス

仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズ、清算手続き

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 4

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 5

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 6

    インドに移住したJKが軽妙に綴る「カースト」と「肌…

  • 7

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの…

  • 8

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    【映像】フライパン一つでワニを撃退する男性

  • 8

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 9

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中