コラム

「新しい生活様式」というファシズムには屈しない

2020年07月27日(月)17時40分
「新しい生活様式」というファシズムには屈しない

ZOOM帝国の軍門に降るのはいやだ Dado Ruvic-REUTERS

<コロナ感染予防の名の下に求められる日常生活のニューノーマルを無批判に受け入れ、それに従わない者を叩く風潮に物申す>

私はなぜか知らないが「古谷はITに強い」という感じで認知されている場合がある。しかし私が最も好むのは古今亭志ん朝(3代目)の落語(CD)で、殖産の時代の生まれよろしく、まったくITなるものに興味が無いし知識もない。大学生の時にHTMLの勉強はしたものの所詮は21世紀初頭のレベルで、現在のWEBサイトがどのような構造になっているのか見当もつかない。「Bluetooth」というのをずっと「青い歯」と思っており、これが遠隔的にスマホや家電等々をつないで操作できる技術だと知ったのは約4年前のお話である。テレビ番組をDVDレコーダー(ブルーレイレコーダー)に録画する方法が未だに分からないので、用がある場合は人に頼んでいる。何なら『KAT-TUN』というグループを27歳まで「カットタン」だと思っていた。これは関係が無い。

私が扱えるのは古典的なイラスト作成ソフトとワード系ソフト。多少書籍編集ソフトも使えるがあまりにも旧式である。流石にCPUの概念は分かるが、「Celeron」の時代から知識がアップデートされていない。こんな人間に新型コロナウイルスの出現に伴う「新しい生活様式」というのを導入せよと言われても無理筋のお話である。政府もメディアも盛んに「新しい生活様式」や「日常生活のニューノーマル」を謳うが、果たしてこれに適応できる人間が全員であるかどうかは極めて微妙である。

ZOOM会議が困る理由

私は2020年で商業ライターとしてデビューしてちょうど10年になるが、いったん編集者と関係性さえできてしまえば、会議的なるもの、打ち合わせ的なるものはほとんど全部電話かメールで済ませる。たまに都心に出るときは直接喫茶店で面談をするがまずやらない方である。原稿の校正はPDFに直接手直しをして返信するか、郵送をする。これでずっと事足りてきたから何の不満もない。

しかし「ニューノーマル」というよくわからない造語によってまず働き方が変わるという。さすがに私も「ZOOM」というものをダウンロードして使う術は知っているが、これが本当にこの後も常用されるとなると実に危なっかしい。なぜなら「ZOOM」使用に際してほぼ必須となるイヤホンの銅線を、家にいる猫たちが即座にかみちぎって使い物にならなくなるからである(猫は細い糸みたいなコードが大好き)。このような理由でコロナ禍で100円ショップで買ったイヤホンを大量に備蓄しているが、正直「ZOOM」会議などやめてほしい。直接会った方が絶対によろしい。それがかなわないなら電話が一番である。それもスマホなどではなく、私が愛用している所謂「ガラケー」が電源の信頼性(電池残量耐久性)という意味で一番である。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』など。

ニュース速報

ビジネス

アングル:地銀の政策保有株、株高で収益を支援 削減

ワールド

J&Jワクチン、米2州で女性2人が接種後に死亡・入

ビジネス

独ダイムラー、通年利益見通し上方修正 第2四半期も

ビジネス

日経平均は反落、引き続き感染拡大が重し 商い細り模

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中