コラム

原発処理水放出、問題は科学データではなく東電の体質

2023年08月25日(金)22時05分

30年かかるプロジェクト、何かあったとき東電は正直に情報を明らかにするのか(8月24日、東京・東電本社前の放出反対デモ) REUTERS/Kim Kyung-Hoon

<福島第一原発から放出される処理水のトリチウム濃度は安全基準を満たしている─政府や国際機関は繰り返しそう保証するが、隠蔽を重ねてきた東電が今後数十年続く放出を誠実に行うとは思えない>

2023年8月24日、日本政府は、現在は敷地内のタンクに溜められている福島第一原子力発電所から出た汚染水を浄化した「ALPS処理水」の海洋放出を行った。この放出については周辺諸国から懸念が出ているだけでなく、地元の漁業関係者も反対しており、これは海洋放出には関係者の合意が必要とした2015年の約束に反している。筆者は以前も、海洋放出については国や東電は2015年の約束を守るべきだと主張してきた。

いわゆる「トリチウム水」の海洋放出は全世界で行われているが、通常の原発では燃料棒は被膜管に覆われ、冷却水が直接燃料棒に触れることはない。一方、福島原発の場合は被膜管は損傷してしまっている。燃料棒やデブリに直接触れた水を処理して放出するケースは前例がない。

現在タンクに貯められている汚染水は、取り出し不可能なトリチウム以外の放射性物質を国の基準を満たすまで繰り返し再処理したうえで、トリチウム濃度を下げるため海水によって希釈し希釈海洋放出する。従って海洋の環境には影響がないと主張されている。国や東電が提出したデータでは、放出される予定の処理水の放射性物質があらゆる国の基準値を下回ったことを示している。

一方、放出に反対する環境団体によれば、検査されたタンクの処理水は全体の3%にすぎず、他のタンクが基準値を下回っているとは限らないことや、タンク全体に存在している放射性物資の総量は全く調査されていないことを指摘している。海洋放出をすべきかどうかを決定するには、そもそもデータが足りないというのだ。

さらに、再処理済みとされているタンクは全体の一部であり、タンクに溜められているのは未だ基準値超えの汚染水だ。これらが適切に処理されて放出されるというのは、現在のところ計画書上のことにすぎない。放出期間は30年にも及ぶとされる。

処理に失敗したら?

2015年、政府は地元関係者との合意がない海洋放出は行わないという約束を行ったが、未だその合意は取れていない。政府は科学的安全性を根拠に、関係者の理解を得ようとしてきた。しかし関係者の不信は、科学にではなく政府・東電の不誠実さにある。

国や東電の処理水の海洋放出については、科学的な安全性に関しても様々な環境団体から科学的・技術的根拠に基づいた疑問符がついている。しかし「科学的」論点について、国や東電の主張をいったんは認めたとしても、その安全性は、結局は机上の議論にすぎない。

たとえば、原因不明のトラブルで汚染水の再処理装置がうまく機能しない可能性が想定される。また、現場の杜撰な管理体制やヒューマンエラーなどにより、誤って処理されていないか処理が不十分な汚染水が海洋放出されてしまう可能性も想定されるだろう。

プロフィール

藤崎剛人

(ふじさき・まさと) 批評家、非常勤講師
1982年生まれ。東京大学総合文化研究科単位取得退学。専門は思想史。特にカール・シュミットの公法思想を研究。『ユリイカ』、『現代思想』などにも寄稿。訳書にラインハルト・メーリング『カール・シュミット入門 ―― 思想・状況・人物像』(書肆心水、2022年)など。
X ID:@hokusyu1982

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

5月訪日外国人、19年比9.6%増 3カ月連続30

ビジネス

英CPI、5月は前年比+2.0%に鈍化 21年以来

ビジネス

中国不動産セクター、少数の強気派が楽観維持 目標株

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏の再任賛成票比率71.93%
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story