コラム

プロの投資家はどんな本を読むのか。意外なオススメ本3冊は...

2022年09月26日(月)16時20分
藤野英人

「お金のまなびば!」より

<ひふみシリーズの最高投資責任者、藤野英人が紹介する「お金」の本は何か。ウォーレン・バフェットの本は、入っていません>

読書などの自己投資を積極的に継続する人は年収が高い傾向にあると言われる。では、プロの投資家は、普段どんな本を読んでいるのだろうか。

ひふみシリーズの最高投資責任者、藤野英人氏はレオス・キャピタルワークスのYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」で「投資家が読んでいる『お金』の本、紹介します」と題し、おすすめの書籍を紹介している。

第3位は、『ピーター・リンチの株の法則』(ダイヤモンド社)。著者のピーター・リンチは、運用するマゼランファンドの資産を13年間で777倍にした実績を持つ伝説のファンドマネージャー。自身の体験をもとに、長期的なリターンを上げる運用哲学や投資の考え方の基礎を紹介している。

「(大学を卒業して最初の会社に)入社したばかりで、どの本を読んだらいいか分からないときに手に取った一冊。ひふみシリーズも、マゼランファンドのようなファンドを作りたいという想いで生まれた」と、藤野氏は語る。

「一般的には、ウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスが投資家として有名。でも私にとっては、ピーター・リンチが最大のヒーローだ。会ったことはないが、この人こそ私の先生」

この本を読んで、現場で何が起きているかが非常に重要であり、会社を訪問して「いい会社」に投資することが結果的に大きなリターンを生む秘訣だと学んだという。藤野氏によれば、何冊もあるリンチの著書の中で、これが「昔からある名著」だ。

続く第2位は、『ビジネスエリートになるための教養としての投資』(ダイヤモンド社)。著者は日本を代表するファンドマネージャーの一人で、藤野氏と対談経験もある奥野一成氏。「私たち(藤野氏が経営するレオス・キャピタルワークス)からすると、ライバルであり、強敵」である人物だ。

藤野氏によると、単に投資で金持ちになるための方法を書いた本ではないという。

「投資家的な目線で、世の中のどこにチャンスがあり、リスクを取って足を踏み出すときの大切な心の持ちようが書かれている。主体的な目線で社会に参加する姿勢を持てば、日本はもっと素敵になる。そして、そういう行動をした人は結果的にお金持ちになっていると奥野さんは言っている」

親交のある藤野氏から見ると、奥野氏は投資家として良い意味で頑固な人。「経営者の良し悪しではなく、強固なビジネスモデルを持った会社が成長する」という投資ポリシーを持ち、絶対に曲げないという。

そんな奥野氏の経験をもとに、会社の「稼ぐ力」を見極め、博打やギャンブルとは全く違う投資のあり方を学べる一冊だ。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬…

  • 7

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 10

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中