コラム

コートジボワール、内戦に突入

2011年04月05日(火)19時04分

大統領公邸に集まるバグボ派の若者

人間の盾? 最大都市アビジャンの大統領公邸に集まるバグボ派の
若者グループ(3月26日) Thierry Gouegnon-Reuters


 虐殺、傭兵、包囲された都市、人道危機の悪夢――コートジボワールで再び内戦が始まった。昨年11月の大統領選で勝利したアラサン・ワタラ元首相と、敗北後も大統領の座に居座るバグボの間で対立が続くなか、先週にはついに全国規模の戦闘に発展。まさに最悪のシナリオだ。

 ワタラ派の武装勢力は先週、リベリアとの国境に近い西部の町ドゥエクエを制圧。週末にかけて、戦闘の犠牲者数は信じ難い数に上っている。赤十字国際委員会は4月1日、死者数が約800人に達したと発表したが、カトリック教会の社会福祉部門・国際カリタスは1000人と推定している。

 現地にいるBBCの記者アンドリュー・ハーディングによれば、町の通りを数ブロック歩くだけで20体近い死体が転がっており、なかには子供もいたという。

 ワタラ派勢力は、騒乱の中で地元の武装勢力が内紛を起こしたと主張。犠牲者数も赤十字国際委員会などより少なく見積もっている。一方、コートジボワール政府当局は国連平和維持軍が不在だったために混乱が起きたと非難している。

■なす術もなく傍観する国際社会

 最大都市のアビジャンでも、銃声は週末じゅう鳴り響いた。バグボに忠誠を誓う共和国防衛隊のエリート部隊は、大統領が逃げ込んだとみられる公邸を守るため、必死に抵抗している。

 バグボは公邸の周りの橋を守るために「人間の盾」を使っているとの噂も、ソーシャルメディアを通じて漏れ聞こえてくる。それでも一方では、南アフリカ大使館に亡命を求めたバグボ派の将軍の1人が、再び公邸に戻ってバグボのために戦っているという情報もある。

 フランス軍は空港を制圧し、フランス国民を避難のために召集している。かつてのルワンダや、最近のリビアでの状況を振り返ると、事態のさらなる悪化を懸念した動きであることは明らかだ。

 戦闘がこれ以上激化しなくても、包囲されたアビジャンにはじりじりと人道危機が迫っている。街の一部では水道が止まり、若い女性や子供がバケツを持って足早に水を汲みに行く姿が見受けられる。

 なぜこんな状況に陥ったのか? コートジボワールが内戦寸前の状況にあることは、何カ月も前から警告されてきた。最悪の事態になった今も、世界はどうしたらいいのか分からないかのように事態を傍観している。

■バグボへの国民の根強い支持

 経済制裁ではバグボを退陣に追い込めなかった。甘言や大赦の申し出も効果はなかった。オクスフォード大学のポール・コリアー教授は以前、バグボ派の兵士に投降を促すという興味深い解決策を提示したが、今となっては遅すぎる。

 今後、事態はこう動くだろう。ワタラ派の武装勢力は、バグボを追放するまで攻撃をやめない。その間、国際社会はコートジボワール市民を保護すべきだと怒鳴り、叫ぶ。しかしバグボが退陣するまで、今回の危機が終わらないことは誰もが分かっている。そして繰り返しになるが、誰も他の選択肢を考え出すことができない。

 バグボがどうにか退陣しても、それで事態が収束するとは思えない。昨年の大統領選が接戦だったことを思い出してほしい。バグボはまだ多くの国民から支持されているのだ。ワタラはコートジボワールの全国民を代表する大統領になると言っているが、事態はそう簡単には収まらないだろう。

 もはや、2人の男の単なる意地の張り合いという次元の問題ではない。内戦の長期化を国際社会が食い止めたいと願うなら、これからは可能性のある選択肢を練り始めなければならない。

――エリザベス・ディキンソン
[米国東部時間2011年4月4日(月)10時25分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 05/04/2011. © 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中