最新記事

ワクチン

ドイツとフランスで、ワクチンの代わりに生理食塩水を注射して問題に

2021年4月28日(水)17時30分
冠ゆき

ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせた...... REUTERS/Hannibal Hanschke

<ドイツとフランスで、新型コロナウイルスワクチンの代わりに、生理食塩液を注射し、ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせるなど問題を引き起こしている...... >

ドイツとフランスで、新型コロナウイルスワクチンの代わりに生理食塩液を注射する事態が相次いで起こった。

中身のこぼれた瓶に生理食塩液を入れてごまかした

4月21日、ドイツ北部ニーダーザクセン州のフリースラントでは、看護婦の一人が6人のワクチン接種希望者に生理食塩液を注射した。シリンジの準備中に、この看護婦はファイザーワクチンのバイアル(瓶)を落としてしまい、それをごまかすために、ワクチンの入っていない生理食塩液だけのシリンジを準備。それが合計6人に注射された。後日当人がこれを同僚に告白したことでこの事実が発覚。その同僚の知らせにより、続く週末、警察が調査に乗り出した。

本物のワクチンを接種できなかったのは6人だけだが、その日接種を受けた200人のうち誰がその6人なのかが不明だ。これを免疫検査で突き止める必要があるため、同センターは、この日ワクチン接種に来た全員に名乗り出るよう呼び掛けている。

フリースラントの責任者アンブロシー氏は、この「ごまかし操作」にショックを受け、速やかに再発防止対策を発表した。今後、当局はワクチン接種センターに「4つの目」ルールを導入し、ワクチン準備を一人で行うことがないようにするという(RTL 5minutes)。

フランスでは、ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせている

また、フランスでは4月20日、マルヌ県のエペルネで、約140人が生理食塩液を注射されたことが判明した。もともとファイザー社のワクチンは、生理食塩液で希釈して接種することになっている。そのため、準備段階で「ミス」が生じたものと考えられているが、「ミスの詳細」についてはいまだ公表されていない。

幸い、生理食塩液は健康に害をもたらすものではない。だがワクチン効果は当然望めないため、ワクチンセンターは改めて140人に連絡をとり、23日と28日に分けてワクチン接種をやりなおした(フランス・アンフォ) 。

この「ミス」報道は、ただでさえワクチンに懐疑的なフランス人に、さらなる疑心暗鬼を生じさせた。

ラ・デペシュ・デュ・ミディ紙サイトやル・ポワン誌サイトに寄せられたコメントの大半は、「理解しがたい間違い」という批判の声だ。

容器にも容量にも名前にも共通点がないのに、どうやったら間違えられるんだという意見。次に目につくのが、「大臣用のシリンジだったに違いない」と皮肉る声だ。フランスでは、国民のワクチンに対する不信感を取り除くため、ヴェラン厚生相やカステックス首相はメディアの前でワクチン接種を受けた。それを引き合いに出して、あれはワクチンじゃなく生理食塩液でのパフォーマンスだったんだと、皮肉めかしてコメントしている。

また、ワクチン接種したのに副反応がなかったという人からは「もしかすると、自分が受けたのもただの食塩水だったのでは」と疑う声も寄せられている。

ニュース速報

ワールド

新型コロナワクチンの生産能力2倍に拡大を、国連事務

ワールド

米コロニアル、パイプラインの再稼働開始 供給正常化

ビジネス

FRB、大手行に気候変動リスクの情報提供を非公式に

ビジネス

中期的なインフレ見通し、さほど懸念せず=ハスケル英

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月