コラム

暑さで奇行に走るロシア人

2010年07月21日(水)16時59分

pa_080710.jpg

学習中 暑くて水に飛び込むのはいいけれど(7月19日、モスクワの噴水で水浴びする少年)
Denis Sinyakov-Reuters

 ロシア人は、酷寒への対処法なら大昔から知っている(バターを厚塗りしたパンや、グラスからあふれんばかりのウォッカもそうだ)。だが連日記録を更新し、一時37度にも達した猛暑をしのぐすべはまだ学習し始めたばかり。

 30度を超える程度の気温なら、ワシントンのエリート住人にとってはそれ程大したことではない。だが、ストリング・ビキニより毛皮のコートを着込むのに慣れたロシア人はこの夏、暑さに耐えかね常軌を逸した(しかもあまり褒められない)行動に走り始めている。

 おそらく最も警戒すべきは、熱波から逃れようと必死になるあまり、溺れる人が急増していることだ(遊泳禁止のサインを無視して飛び込むロシア人の動画はここ、本編はCMの後。7月のある週だけで、200人以上のロシア人が溺死したと報じられている。水に飛び込む前に泥酔していた人が多いのも、数字を押し上げている。

 この夏の犠牲者の総数を聞いたら、どんなライフセーバーも椅子から転げ落ちるだろう。6月が1244人、7月がこれまでに400人(教訓は、透き通った液体は1度に1種類しか飲まないこと。ウォッカか水浴びか、どちらかだ)。

 懸念すべき数字だが、驚くほどではない。ロシア人が溺れて死ぬ確率は、もともとアメリカ人より5倍も高いのだ。

 しかしこの夏本当に呆れ返ったニュースといえば、先週、ロシア南部のプライベートビーチの経営者たちが、宣伝用にロバにパラセーリングをさせた事件だ。海水浴客たち(ただし、しらふの者に限る)は、空から降りてきたロバを全力で救助した。

 事件はたちまちセンセーションになり、ロシアの国営テレビで放送され、経営者たちは動物虐待容疑で捜査を受けている。動物に冷たいロシア人には珍しくもない事件、という声もあるが、やはりこれも暑さのなせるわざだったかもしれない。

──クレア・セスタノビッチ
[米国東部時間2010年07月20日(火)11時57分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 21/7/2010.© 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story