コラム

暑さで奇行に走るロシア人

2010年07月21日(水)16時59分

pa_080710.jpg

学習中 暑くて水に飛び込むのはいいけれど(7月19日、モスクワの噴水で水浴びする少年)
Denis Sinyakov-Reuters

 ロシア人は、酷寒への対処法なら大昔から知っている(バターを厚塗りしたパンや、グラスからあふれんばかりのウォッカもそうだ)。だが連日記録を更新し、一時37度にも達した猛暑をしのぐすべはまだ学習し始めたばかり。

 30度を超える程度の気温なら、ワシントンのエリート住人にとってはそれ程大したことではない。だが、ストリング・ビキニより毛皮のコートを着込むのに慣れたロシア人はこの夏、暑さに耐えかね常軌を逸した(しかもあまり褒められない)行動に走り始めている。

 おそらく最も警戒すべきは、熱波から逃れようと必死になるあまり、溺れる人が急増していることだ(遊泳禁止のサインを無視して飛び込むロシア人の動画はここ、本編はCMの後。7月のある週だけで、200人以上のロシア人が溺死したと報じられている。水に飛び込む前に泥酔していた人が多いのも、数字を押し上げている。

 この夏の犠牲者の総数を聞いたら、どんなライフセーバーも椅子から転げ落ちるだろう。6月が1244人、7月がこれまでに400人(教訓は、透き通った液体は1度に1種類しか飲まないこと。ウォッカか水浴びか、どちらかだ)。

 懸念すべき数字だが、驚くほどではない。ロシア人が溺れて死ぬ確率は、もともとアメリカ人より5倍も高いのだ。

 しかしこの夏本当に呆れ返ったニュースといえば、先週、ロシア南部のプライベートビーチの経営者たちが、宣伝用にロバにパラセーリングをさせた事件だ。海水浴客たち(ただし、しらふの者に限る)は、空から降りてきたロバを全力で救助した。

 事件はたちまちセンセーションになり、ロシアの国営テレビで放送され、経営者たちは動物虐待容疑で捜査を受けている。動物に冷たいロシア人には珍しくもない事件、という声もあるが、やはりこれも暑さのなせるわざだったかもしれない。

──クレア・セスタノビッチ
[米国東部時間2010年07月20日(火)11時57分更新]

Reprinted with permission from "FP Passport", 21/7/2010.© 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ビジネス

米、インテルなどにファーウェイ向けライセンス取り消

ワールド

米中、WHO会合で対立 新型コロナ起源調査巡り

ビジネス

米議会騒乱の盗難パソコン、ロシアに売り渡し計画か 

ワールド

南アのコロナ変異種、感染力強いと生物学的に確認=専

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!