コラム

「何でも非公開」の中国は東京都庁に学びなさい!

2013年06月10日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔6月4日号掲載〕

 先日、旧友と再会するため18年ぶりに重慶市を訪れた。

 重慶は長江(揚子江)上流にある中国最大の都市だ。人口は北京や上海より多い2900万人。日本人には、昨年スキャンダルで世界を騒がせた中国共産党の政治家、薄煕来がトップを務めた街と言ったほうが分かりやすいかもしれない。

 95年以来の訪問で驚いたのは、街の発展ぶりだ。長江のほとりの地味な地方都市だったが、細長いビルが立ち並ぶ香港のような近代都市に生まれ変わっていた。薄煕来は汚職だけでなく、歌舞伎町案内人も顔負けの派手な女性関係が取り沙汰され失脚した。でも街がこれほど発展しているなら、その政治手腕は捨てたものではない。

 その薄煕来が勤務していた共産党重慶市委員会は、大きくうねる長江に面した深い緑の中にある。建物そのものは、国民党政権時代にあの蒋介石が執務していた歴史あるビルだ。実は18年前に重慶に来たとき、私は大学のレポートを書くために取材したい、と嘘を言ってこのビルに潜り込むことに成功した。蒋介石の執務室だった部屋にも入って、ちゃんと写真も撮った。たまたま同じ湖南省出身だった玄関の警備兵も、私との記念写真に応じてくれた。

 そんな思い出があったから、今回もごく当たり前のようにビルに「潜入」しようとしたら、警備兵にえらいけんまくで怒鳴られた。ビルに入るどころか、玄関の写真を撮ることも駄目だという。まるで虫けら扱いだ。

 やむなくいったん玄関から離れ、道路を挟んでかなり遠いところからこっそり写真を撮った。それでも偉そうな警備兵への怒りは収まらず、おかげで18年前のいい思い出が台無しになってしまった。

 警備が極端に厳しくなったのは、1つには薄煕来事件の影響があるだろう。ただこれは首都の北京でも同じこと。政府機関の付近には警備兵や私服警官がうろうろしていて、のんきにカメラを構える観光客を鋭い視線で威嚇している。

■「人民のために服務する」の嘘

 最高指導者の執務室が集まる中南海には有名な新華門という門があって、そこには「為人民服務(人民のためにサービスする)」と大きく書かれている。ただ警備兵たちの鋭過ぎる眼光を見れば、共産党が本心ではまったくサービスする気がないことがよく分かる。

 あまりにひどい重慶での共産党の対応ぶりに、思わず思い出したのが東京都庁のサービス精神だ。新宿の都庁庁舎は日曜も展望室として市民に開放され、中には売店まで常設されている。
なぜわが中国の政府はこんなに閉鎖的なのか。内部を見せられないのは、中で何かやましいことをやっている何よりの証拠だが、それだけではない。

 中国政府は、自分たちのやっていることにいまひとつ自信がないのだ。オープンにしたとたん共産党に文句を言いたい人民が殺到して仕事にならなくなる、さらには腐敗ぶりを糾弾され、つるし上げられる──。中国のネットユーザーが役人の悪事を暴く「人肉検索」も多発している。彼らが怯えて庁舎に閉じ籠もる気持ちも分からないではない。

 重慶市民はスキャンダルの後遺症などまったく感じさせず、実に快活そうに暮らしていた。インフラの整備も続いている。抗日戦争の拠点だったため反日感情が強いとされているが、日本料理店も繁盛していた。すべてが薄煕来の成果ではないだろうが、自信家だった彼はもし逮捕されなければ、自分の執務室の開放ぐらいやったかもしれない。

 歌舞伎町の「性事家」(笑)にできるのは、東京都庁の開放ぶりをマイクロブログの微博で中国人に知らせることぐらい。ただ小さなさざ波が、大きなうねりになっていつか共産党を変えないとも限らない。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

ツイッター、タイ王室派の宣伝アカウント停止

ビジネス

日経平均は反落、211円安 ファーストリテなど値が

ビジネス

リクルートHDが海外で株式売り出し、総額4000億

ビジネス

中国銀行部門、来年は2─3%の増益 今年は7%の減

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!