コラム

グーグルを追い詰めるアップルの地図とパスブック

2012年06月14日(木)11時44分

 アップルとグーグルの対決が、次のフェーズに突入した。

 そう感じさせたのは、6月11日に開かれたアップル開発者会議(WWDC)での発表である。

 これまでの二社の競争は、主にiOSとアンドロイドの市場シェアに関するものだった。iPhoneやiPadというアップル製のモバイル機器と、アンドロイドOSを搭載したスマートフォンやタブレットの数を比べて、どちらが多いのかというものだ。これについては、ここ最近アンドロイドの成長率が高く、スマートフォンの出荷数ではアンドロイドの59%に、アップルは23%と後塵を拝していた。アップルのあせりは、誰の目に見ても明らかだった。

 ところが、ここへ来てアップルは闘いを別の段階へ持ってきたのだ。それはOS自体ではなく、その上で走るアプリケーション、あるいはサービスである。それを象徴するのが、アップルが今秋リリースする予定のiOS6の「地図」と「パスブック(通帳)」だ。

 アップルは、これまでグーグル・マップをデフォルトの地図サービスとしてiPhoneに搭載してきたのだが、密かに独自の地図を開発してきた。そして、音声認識技術Siriを介して、地図からすぐにレストラン予約ができるなどの便利な機能を盛り込んで、それをiPhone用の地図として搭載する。

 グーグルの地図をどうしても使いたいというユーザーは、アプリをわざわざダウンロードする必要がある。もちろん、アップルがグーグルの地図アプリをブロックしなければ、の話だが。

 アップルの地図には、グーグルが人海戦術で街を撮影して作ってきたストリートビュー機能こそないが、「フライオーバー」という3Dビューの見せ場がある。まあ、空を飛んで目的地に向かうのでもない限り、今ひとつ役立つとは思えないものの、見るには十分おもしろい。

 それはさておき、興味深いのはアップルが地図を軸足にして、新たな領域へ進もうとしていることだ。ひとつは、ローカル情報。近くのレストランやデパートなどのビジネスがスムーズに表示され、地図はここへ客を送るためのハブとなり得る。

 そのハブを強化しそうなのが、もうひとつの「パスブック」だ。これはデパートや航空会社などの会員カードを総合管理し、クーポンやスポーツ、観劇チケットなどを保存しておく場所にもなる。そうでなくても、アップルはiTunesやiPhoneの販売を通して、すでにかなりの数のユーザーのクレジットカード番号を握っている。このパスブックは、アップルの支払いプラットフォーム、つまり多様なカードに対応するお財布携帯機能に発展する可能性もあるわけだ。

 それだけではない。アップルはこれを商店側が使えるプラットフォームに拡大することもできる。レストランやホテルなどが、ここで会員カードやクーポンを発行して顧客を取り込み、アップルが仲介料を得るという図。これは十分に考えられるだろう。

 一方グーグルは、これまでのところ地図を情報以上の収入源として利用しきれていなかったところがある。自社で持っているユーザーのクレジットカード番号の数も、アップルとは比べものにならないほど少ない。

 アップルは、アンドロイド陣営に勝つために、アップルにあってグーグルにないものをじっくり検討し、その結果「地図」という結論に達したのだろう。その意味で地図はただのアプリケーションではない。アップル流でいけば、「地図で近くのビアホールを発見し、そこで飲んだ勘定はiTunesで支払う」みたいなことも起こりえるのだ。

 ここにひとつ危険があるとすれば、それはアップルがモバイル戦略にかなり偏ってきていることだろう。現在わかる範囲では、アップルの地図はモバイル機器用のみで、パソコンでアクセスできるようなサイトとしては存在しない。すでに収入の過半をモバイルの売上から得ているアップルだが、今回の発表でもモバイルの比重がずいぶん重くなっている。問題は、この賭け、この移行が成功するかどうかだ。

プロフィール

瀧口範子

フリーランスの編集者・ジャーナリスト。シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、政治、文化、社会一般に関する記事を新聞、雑誌に幅広く寄稿する。著書に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』、『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』、訳書に『ソフトウェアの達人たち: 認知科学からのアプローチ(テリー・ウィノグラード編著)』などがある。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!