コラム

オクトーバーサプライズ?

2012年11月01日(木)19時26分

 四年に一度のアメリカ大統領選挙には、「オクトーバーサプライズ」という言葉があります。投票日は11月のはじめ(今回は6日)なので、その直前の10月に選挙戦に大きな影響を与えるサプライズが起きることを指します。今回は、ハリケーン「サンディ」の襲来がそれに当たるのではないかと言われ始めました。

 このコラムは、毎回、本誌日本版の記事を論評していますが、現在私はアメリカで大統領選挙の取材中。日本版を読むことができないので、ニューヨークからの特別編をお伝えします。

 ハリケーンは台風と同じもの。発生場所が異なると名前も異なるだけのことです。アメリカでは、ハリケーンのひとつひとつにアルファベット順に人名をつけます。かつては女性名だけだったのですが、「女性差別だ」ということになり、現在は男女の名前を交互に命名しています。

 ところが、5年前に大きな被害を出したカトリーナも、去年ニューヨークに被害を出したアイリーンも、今回のサンディも、なぜかみんな女性名です。

 おっと、これには深入りしないでおいて、本論に入ります。

ハリケーンがアメリカ東部海岸の上陸したのは、大潮と満潮とが重なった時間。海面が高く盛り上がり、低地が広い範囲で浸水しました。ニューヨーク州政府関係者は、「想定外の海面上昇」とコメントしました。どこかで聞いた言葉です。

日本の台風被害を数多く取材してきた私から見ると、ハリケーンに慣れていない東部は社会インフラが極めて貧弱・脆弱であることに驚きます。

この大きな被害に対して、奮闘したのがニュージャージー州のクリス・クリスティ知事とオバマ大統領でした。

ハリケーンはニュージャージー州に上陸したこともあり、この州の被害は甚大。知事は対策の陣頭指揮に立ったのですが、テレビの生中継で、オバマ大統領の支援を絶賛し、高く評価したのです。

これに驚いたのは共和党関係者。クリスティ知事は共和党で、日頃からオバマ大統領を激しく批判していたからです。

オバマ大統領は10月31日、被災地に入り、クリスティ知事と一緒に視察した後、共同記者会見。息の合ったところを見せました。

大統領選挙に向けた活動を一時休止してハリケーン対策に専念したことが、オバマ大統領への評価を高めたのでしょう。ハリケーンへのオバマ大統領への対応についてのABCテレビの世論調査によると、オバマ大統領の対応を「評価する」と答えた人は78%に上りました。

このところロムニー候補の激しい追い上げに苦戦を強いられてきたオバマ大統領にとって、思わぬ"追い風"になったのです。これこそオクトーバーサプライズというわけです。

危機に直面したとき、リーダーの真の実力が判明する。これは、去年3月、日本国民が実感したことでしょう。オバマ大統領は、自然災害のテストに合格したのです。これで選挙戦の苦戦を一気に挽回するかもしれません。

プロフィール

池上彰

ジャーナリスト、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。32年間、報道記者として活躍する。94年から11年間放送された『週刊こどもニュース』のお父さん役で人気に。『14歳からの世界金融危機。』(マガジンハウス)、『そうだったのか!現代史』(集英社)など著書多数。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!