コラム

今の英国は半年前の日本だ

2009年11月11日(水)10時00分

 政権与党に人気がなく、首相も頼りない。だからといって野党にさして魅力があるわけではないが、今の与党よりはマシだから、次の選挙では野党に投票してみようか。でも、新政権は、過去の政権がのこした史上最悪の財政赤字を引き継ぐことになる...。

 まるで、この夏前の日本の政治状況のようですが、これが今のイギリスだそうです。本誌日本版11月4日号の「英保守党の暗すぎる船出」は、そんな状況を描いています。

 イギリス下院の任期は来年6月に切れるため、それまでに必ず総選挙が実施されます。野党である保守党の支持率は、与党・労働党に対して支持率で10ポイントを超えるリードを保っています。

 しかし、それは保守党に魅力があるからではなく、与党の労働党が不人気だからです。「最近の世論調査では、保守党に投票するつもりだという有権者のうち、党に『肯定的な』イメージを持っているのはわずか32%」なんだそうです。

 どうですか。「保守党」を民主党に、「労働党」を自民党に置き換えて読めば、まるで半年前の日本の政治状況のようではありませんか。

 保守党のキャメロン党首が来年中にはイギリスの新しい首相に就任するのは確実でも、「来年の総選挙で保守党が確保する議席の最大3分の1は新人議員になる見込みだ」と。今の民主党そのものではありませんか。

 しかし、キャメロンには強みもあるそうです。それは、何か。

「彼には現代の首相に求められる資質がたくさんある。聡明で、好感が持て、テレビ映りがよく、名家の育ちと名門(中略)大学時代に培われた自信がある。家庭人というイメージ戦略も怠らない」

 どうですか。鳩山由紀夫首相とイメージがだぶりませんか。

 でも、キャメロン党首に対する批判もあります。いわく「いまだに独自の外交政策を詳細にしめさず」

 どうですか。どこぞの党を彷彿とさせませんか。

 こうなると、イギリスの人々には、今の日本の政治を見ることをお勧めしたくなりますね。今の日本は、来年のイギリスを予見するようなものだからです。

プロフィール

池上彰

ジャーナリスト、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。32年間、報道記者として活躍する。94年から11年間放送された『週刊こどもニュース』のお父さん役で人気に。『14歳からの世界金融危機。』(マガジンハウス)、『そうだったのか!現代史』(集英社)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!