最新記事

極右

トランプが英極右の反イスラム動画を4000万人のフォロワーにリツイート

Trump Retweets U.K. Far-Right Leader

2017年11月30日(木)19時40分
トム・ポーター

大きな十字架を持ちイスラム教徒に嫌がらせをする「クリスチャン・パトロール」中のフランセン(本人のフェイスブックから)Jayda Fransen/FACEBOOK

<トランプ米大統領がリツイートで大々的な宣伝に手を貸した英極右団体幹部ジェイダ・フランセンとは何者か>

ドナルド・トランプ米大統領がまたツイッターで「舌禍」を起こした。イスラム教徒を暴力的として排除しようとするイギリス極右が投稿した差別的な(少なくともそう見える)動画を3本、リツイートしたのだ。

投稿したのはイギリスの極右団体「ブリテン・ファースト(英国第一)」のジェイダ・フランセン副代表。動画の内容は、彼女自身が付けたタイトルによれば、それぞれ「イスラム教徒の移民が松葉杖をついたオランダ人の少年を殴打しているところ」、「イスラム教徒が聖母マリア像を破壊しているところ」、「イスラム主義の暴徒が10代の少年を屋根から突き落とし、死ぬまで殴打しているところ」。ただし世界各地のメディアが動画の真偽を調べたところ、最初の動画の「イスラム移民」は「黒髪のオランダ人」、マリア像を壊しているのはシリアにいるアルカイダ系テロリスト、少年を屋根から突き落としているのは2013年にエジプトのモルシ政権を転覆した軍事クーデターに怒り狂った暴徒ではないか、などの指摘が出ている。これらの動画は今は「不適切な内容」の可能性があるとして表示されなくなっている。

フランセンが所属するブリテン・ファーストは、反イスラム、反移民、民族主義を掲げる英極右。モスクの占拠を呼び掛けるなど過激な反イスラム活動で知られている。「クリスチャン・パトロール(キリスト教徒自警団)」と称して巨大な十字架を担ぎ出し、反イスラム的なパンフレットを配ったり、イスラム教徒に「イギリスから出て行け」などとからむなど問題行動で耳目を引いてきた。

これまでは泡沫政党だったのに

自らの主張を広めるためにソーシャルメディアを多用する。反イスラム、反移民のプロパガンダをツイッターに投稿し、イスラム教徒への反感を煽る動画をユーチューブやフェイスブックに載せてきた。英下院選挙や欧州議会選挙、ロンドン市長選にも候補者を擁立したが、まだ一度も勝利したことはなく、泡沫候補で終わっていた。

だが、トランプのおかげでそれも変わるかもしれない。何しろアメリカの大統領がその差別的な動画3本を、約4400万人近いフォロワーにリツイートしてお墨付きを与えてくれたのだ。事実、フランセンのツイッターのフォロワーはトランプのリツイート後の6時間で5万3000人弱から6万人に跳ね上がった。世界の脚光を浴びたブリテン・ファーストは大喜びで、フランセンはトランプにツイートでこう感謝した。「あなたは、イスラム批判で罪に問われるかもしれない私に希望をくださった」

フランセンは2016年1月、イスラム教徒が多く暮らすロンドン北部ルートンでクリスチャン・パトロールを実施中、ヒジャブを着用した女性スマヤ・シャープに対し宗教的嫌がらせを行ったとして同年11月、有罪判決を受けている。フランセンは、4人の幼い子供を連れていたシャープに対して次のような暴言を吐いたことを認めている。イスラム教徒の女性が全身を覆わなければならないのは「イスラム教徒の男たちは性欲を抑えられないから」、「彼らがヨーロッパで女性をレイプし、イギリスに移民してくるのも、性欲を抑えられないからだ」。

フランセンは2000ポンド(2680ドル)の罰金刑を受けた。

ニュース速報

ワールド

フランス、温暖化研究助成金を米科学者に

ワールド

豪労働党の上院議員が辞職、中国との関係巡り疑惑浮上

ワールド

トランプ氏のセクハラ疑惑、下院民主党の女性議員が調

ビジネス

正午のドルは113円半ば、米補選控え手控えムード

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    国連事務総長「北朝鮮、対話」を──孤立するアメリカ.…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    トランプを追い込む特別検察官の秘策

  • 8

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 7

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 8

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月