コラム

NTTを100%民営化して「普通の会社」にしよう

2011年07月28日(木)19時43分

 原発事故をきっかけに電力自由化が論議を呼んでいるが、通信自由化も前進するかも知れない。第3次補正予算の財源として、政府の保有しているNTT(日本電信電話)株を売却する話が、民主党内で出ているという。政府はNTT株の33.4%を持っており、きょう現在の時価総額は約1兆8000億円になる。これをすべて売却すれば、苦しい復興財源の助けになるというわけだ。

 しかしNTTが政府のコントロールを完全に離れると規制がむずかしくなるので、1株でも拒否権をもつ「黄金株」を政府がもつ案が検討されている。これはイギリスでBT(イギリス通信会社)が民営化されたときと同じ方法だが、イギリス政府は1997年に黄金株も放棄して、BTは完全な民間企業になった。それから14年たって、日本ではようやくNTTを「独り立ち」させる検討が始まったわけだ。

 これまで政府は最大の株主であっても、拒否権を行使したことはない。NTTの株式を政府が大量保有しているのは民営化の精神に反するとして、これまでにも売却する案が何度も出たが、株式市場への影響などを懸念して見送られてきた。その結果、政府はNTTの株主として株主価値の最大化を求める立場と、規制当局として(株価が下がっても)NTTの経営を拘束する立場を兼ね、この矛盾した役割がNTTの経営合理化をさまたげてきた。

 総務省はNTTの役員人事に介入して天下りを送り込み、経営計画にも口を出してきた。NTTの経営は実質的に監督官庁の意向で決まるため、NTTグループには役所と交渉する規制担当の社員が100人近くいる。たとえば長距離回線の接続料が1円上がるだけで年間では数百億円の増収になるが、現場の営業マンがいくらがんばっても、年間の売り上げは一人あたり数億円がいいところだろう。つまり規制部門の一人あたり収益は通信ビジネスよりもはるかに高いので、そこにエリートが集められるのだ。

 しかし、このように規制を有利にしてもらうことによってNTTが得られる利益は、他社の損失になるだけで、経済全体としては何も生産していない。このような非生産的なロビー活動をレント・シーキングと呼ぶ。規制の最大の弊害は、それによって通信業者がビジネスよりもレント・シーキングに努力するようになることだ。

 日本ではNTTの分割を求める官僚とNTTを守ろうとする財界との間で、1985年の民営化以来、25年以上も戦いが続いてきた。定期的に経営形態が見直されることになっているが、1997年に両者の妥協の結果としてできた持株会社方式は、インターネット時代に長距離電話会社と市内電話会社を分割する最悪の結果になり、東西会社は(NTTコミュニケーションズを通さないと)隣の県との通信もできない。

 他方で通信技術は急速に進歩し、固定電話網は経営の重荷になってきた。今ではNTTドコモが連結営業利益の7割以上を稼ぐ一方、グループ社員の6割は東西会社にいるといういびつな収益構造になり、赤字の電話部門の余剰人員の賃金をドコモが肩代わりし、それを高い通信料金として利用者が負担している。

 さらに問題なのは、このような政治と一体化した経営によってイノベーションが阻害されていることだ。特にひどいのは携帯で、端末もサービスも「ガラパゴス化」してまったく国際競争力がなく、最大の成長市場である中国からもベンダーがすべて撤退した。この根っ子にあるのが、NTTファミリーに代表されるITゼネコン構造と呼ばれる系列下請け構造である。

 東京電力と同じく、NTTの通信業界における権力は圧倒的である。NTTが仕様を決め、その製品を大量にまとめて買い上げる構造になっているため、納入するベンダーはリスクなしで確実に利益を出すことができる。このため、世界市場で闘うよりも楽な下請けとしてNTT仕様の製品を製造することに慣れてしまったのだ。

 NTTが完全民営化されても、こういう構造が改まる保証はないが、経営者が自分の会社の経営形態も決められないようでは、グローバル戦略もイノベーションも生まれない。もちろん今のままのNTTを完全に自由にしたら独占の弊害が強まるので、過渡的には黄金株で規制する必要はあろう。しかし最終的には、NTTが100%民営の「普通の会社」になるための制度設計を考えるべきだ。

 そのとき重要なのは固定電話の経営形態ではなく、ドコモの分離だろう。今や無線は固定電話の補完ではなく、それと競争するインフラである。ドコモの株式をすべて公開し、ドコモがMBO(経営者による自社株買収)でNTTグループから自立すれば、(固定電話の)NTTの最大のライバルになるだろう。このような有線と無線のプラットフォーム競争を実現することが、日本の情報通信全体の活性化になると思う。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

ニュース速報

ワールド

G7、途上国向けインフラ支援構想で合意 「一帯一路

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 10

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中