コラム

シジミ汁の白く濁る理由がついに解明された!

2022年10月18日(火)11時20分
シジミ汁

シジミはアサリと並んで日本人にとって馴染み深い貝にもかかわらず、古くから信じられてきた効能は科学的に確証を得られていない(写真はイメージです) Shinji Ichikawa-iStock

<身近な不思議で、実は科学的に未解明というものは少なくない。島根大の研究チームは今回、シジミをお湯で茹でるときに白濁する原因を突き止めた>

毎年10月はノーベル賞の発表があって、世間の科学への関心が高まる時期です。受賞ニュースで最先端の人類の叡智が詰まったテーマを知って、心躍らせた人も多いでしょう。

いっぽう、21世紀になっても、身近な「なぜ?」が意外にも科学的には解き明かされていない場合があります。たとえ「ノーベル賞級」の研究でなくても、生活で誰もが体験したことのある事象だったり、地域と結びついていたりすれば、長く語り継がれる成果となります。

島根大学生物資源科学部生命科学科の研究チームは、貝類でスープを作ると白濁する原因を発見しました。成果は、世界最大のオープンアクセス学術誌である「Scientific Reports」に掲載されました。チームには秋廣高志助教、石田秀樹准教授らのほかに、同大4年生(当時)の安井凌さんも参加していました。実験には、日本一の漁獲量を誇る島根県宍道湖産のシジミも使われました。

シジミについてこれまでに知られていたことと島根大の成果を概観し、「白濁」についても考えてみましょう。

シジミの効能は江戸時代の医書にも

シジミはアサリと並び、日本人に最も馴染み深い貝です。食用の歴史は古く、縄文時代に生活ゴミを捨てた「貝塚」では、シジミの貝殻も多く見つかっています。現存の日本在来種は、日本全国の汽水域にいるヤマトシジミ、全国の淡水域にいるマシジミ、琵琶湖固有種のセタシジミがいます。

シジミの名の由来は、①貝殻の表面に横皺がたくさんあって縮んだように見えるから「チジミ(縮む)」、②煮ると身が縮むから「チジミ(縮む)」、③群れて生活しているから「スシメ(州重群)」、④身が小さいから「ササミ(少々身)」など、諸説あります。蝶には「シジミチョウ」がいますが、貝の名前が先です。シジミチョウは、羽根の形や大きさがシジミ貝に似ているために名付けられました。

江戸時代には、行商人が売る貝の中でも安価だったので、みそ汁の具や佃煮として庶民に親しまれました。また、現在でも「肝臓に効く」「二日酔いに良い」などとサプリメントなどにも使われているシジミですが、江戸時代に書かれた『食品国歌』(大津賀仲安著、1787年)には、「シジミよく黄疸を治し酔を解す。消渇(しょうかち)、水腫(すいしゅ)、盗汗(とうかん)によし」とあり、当時から黄疸や二日酔いに効能があると考えられていました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中