コラム

ワリエワのドーピング問題をめぐる2つの判断ミスと3つの謎

2022年03月01日(火)11時30分
カミラ・ワリエワ

ショート首位で臨んだ北京五輪のフリー。ワリエワ選手は何度も転倒するなど精彩を欠き、メダルを逃した(2月17日) Eloisa Lopez-REUTERS

<昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示したことが北京五輪期間中に発覚しながら、競技に出場した15歳のワリエワ選手。禁止薬物の入手や服用に周囲の「大人」が関わっていることはほぼ間違いないが、前もって事実を知っていたのは誰か? 何が騒動を大きくしているのか>

北京五輪は2月20日に閉会しましたが、フィギュアスケート団体と女子シングルに出場したカミラ・ワリエワ選手(15)のドーピング問題は未だに論争になっています。渦中のワリエワ選手とエテリ・トゥトベリーゼコーチのフィギュア競技における位置づけ、ロシアのこれまでのドーピング事情から、今回の問題を解説します。

検出された「トリメタジジン」とは?

事の始まりは、先月8日に予定されていたフィギュアスケート団体競技の表彰式の延期(後に中止)でした。この競技ではロシアオリンピック委員会(ROC)が金、アメリカが銀、日本がこの競技で初のメダルとなる銅を獲得していました。当初は延期の理由が公表されておらず、「8日の行われたフィギュア男子ショートで、羽生結弦選手のジャンプ失敗の原因になった『氷の穴』を作ったロシア選手が誹謗中傷や脅迫をされているから」という怪情報がマスコミに流れたほど、状況は混沌としていました。

翌9日、ロシアやイギリスのメディアは「昨日(8日)、国際オリンピック委員会(IOC)に法的な協議が必要な状況が持ち上がった」と報道し、「ROCと国際ドーピング機関が関与しているだろう」と予測します。11日になると、ドーピングの国際検査機関(ITA)は「フィギュア団体に出場したワリエワ選手が、昨年12月のロシア選手権出場時に採取された検体でドーピングの陽性反応を示した」と発表しました。

検出された禁止薬物は「トリメタジジン」。日本では狭心症や心筋梗塞などの治療に使われる物質で、血管拡張効果があります。アスリートが使った場合には、血流促進作用があり持久力の向上などが認められるため禁止されています。

ロシア反ドーピング機関(RUSADA)はワリエワ選手を暫定的に資格停止処分としましたが、選手側の異議申し立てを受けて処分を解除。すると、IOCと世界反ドーピング機構(WADA)は、処分解除を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てます。CASはワリエワ選手が16歳未満の「保護対象者」であることを理由に訴えを退けましたが、IOCはフィギュア女子競技が始まる前日に「ワリエワ選手が3位以内に入った場合は、メダル授与式を行わない」と抗議の姿勢を見せます。

結局、ワリエワ選手はショートで1位だったもののフリーで5位となって総合4位でメダルを逃したため、フィギュア女子の表彰式は予定通りに行われました。

元女王も苦言

ワリエワ選手のドーピング問題には、2つの判断ミスと3つの謎があります。

判断ミスの1つ目は、16歳未満だという理由でドーピング違反者に競技出場を許したことです。

禁止薬物の摂取には、入手や服用に周囲の"大人"が関わっていることはほぼ間違いありませんが、ワリエワ選手本人の尿から検出されたことは事実です。2010年バンクーバー五輪フィギュア女子の金メダリストであるキム・ヨナさんは、「ドーピング違反をした選手は試合には出場できない。この原則は例外なく守られるべき。全ての選手の努力と夢は等しく尊いものだ」とSNSで発信しました。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、短距離2発 日本のEEZ外に

ビジネス

中国人民銀、設備更新支援へ再融資制度を開始 276

ワールド

日・スリランカ首脳、債務再編の重要性で一致

ビジネス

英財務相が銀行にポンド売り抑制求めるとの報道、当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中