松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

神経生物学

「女性は男性よりも思いやりがある」は、ホント?ウソ? 神経生物学の研究

2017.10.13
ソフトロボット

自重の1000倍の重量物を持ち上げる、画期的な人工筋肉が開発される

2017.10.04
睡眠

「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

2017.10.02
温暖化対策

滑走路の熱を隠す軍用コーティング剤を転用したLAのヒートアイランド対策

2017.09.15
人工知能

ストーリーの人気を予測し、クオリティを評価する人工知能をディズニーが開発

2017.08.31
迷惑行為

NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

2017.08.23
健康

欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的に販売開始か?

2017.08.15
代謝機能

睡眠時間が少ない人ほど、ウェストサイズが大きい──研究結果が明らかに

2017.08.08
幸福の研究

お金で幸福は買えますか? はい、この方法なら──ハーバード大学の研究 

2017.08.03
インプラント

米国企業で初、従業員の体内へのマイクロチップの埋め込みを実施

2017.08.01
医療技術

PET検査を活用したアルツハイマー病への新たなアプローチ

2017.07.25
人工知能

「二人」のオバマが同時にスピーチ!? 音声から話者の口の動きを学習するアルゴリズムが誕生

2017.07.19
脳科学

「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」との研究結果

2017.07.13
宇宙と深海

世界初となる民間の宇宙飛行士訓練センターが英国で誕生へ

2017.07.06
心理学

結婚生活やパートナーとの関係に悩んだら、かわいい子犬の画像を眺めてみよう

2017.06.30
感染力

「咳やくしゃみの飛沫は4メートル飛び、45分間、空中に留まる」との研究結果

2017.06.22
サイエンス

タトゥーの色変化で健康状態をモニタリングする「究極のウェアラブル」をMITが開発

2017.06.20
電気自動車

インド、2030年までにガソリン車の販売を禁止し、電気自動車を推進

2017.06.07
宇宙開発

世界最大の飛行機が初披露!空中発射プラットフォームとしてデビューへ

2017.06.06
宇宙技術

重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をインドの青年が開発

2017.05.23

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 6

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 10

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 8

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月