最新記事

米社会

人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

2017年5月30日(火)15時39分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

逮捕直後の写真 Palm Beach County Sheriff's Office-REUTERS

<タイガーがまた逮捕された、というだけでも衝撃なのに、顔を見たらまるで別人!>

伝説のゴルフ・プレイヤー、タイガー・ウッズ(41)が29日未明、米南部フロリダ州パームビーチの自宅付近で、アルコールかドラッグを服用した状態で運転した疑いで逮捕された。すでに釈放されたタイガーは同日に出した声明で「処方された薬の影響だった」と説明している。

同州パームビーチの保安官事務所によると、逮捕されたのは午前7時18分。10時50分には釈放された。

釈放後に公開した声明文




「自分がしたことの重大さは理解しており、自分の行動に対する全責任を取るつもりです」
「みんなに知ってほしい。アルコールは無関係で、処方された薬から予期しない反応が出ました。複数の薬の服用でこれほど大きな反応が出るとは思っていませんでした。」
「家族、友人、ファンに心から謝りたい。私も自分が許せない。」
「このようなことが2度とないよう、できることは何でもします」

メジャーで過去14回優勝という輝かしい実績を持つウッズだが、今年2月に「オメガドバイデザートクラシック」を途中棄権したのを最後に、プレイ姿は見られていない。4月には腰と足の痛みを和らげる手術を受け、復帰が期待されていた。

(タイガー・ウッズの逮捕を知らせる投稿)

【参考記事】ウッズ「仏教で更生」はホント?

あの件から迷走状態

2009年に今回同様に自宅付近で起こした交通事故をきっかけに、次々と浮気が発覚。ウッズの浮気相手として名乗り出る女性まで登場し、2010年に6年連れ添った妻と離婚。2人の子供とも離れ離れになってしまったウッズは、表舞台からすっかり姿を消した。

2010年に行った会見では、浮気騒動について「立ち直るための時間を与えてほしい」と詫びた。子供時代に仏教徒として育てられたウッズは仏教の教えに言及し、こんなことも言っていた。

「衝動に振り回されて行動することをやめて、自制することを学びなさいと、仏教は私に教えてくれていました。それなのに、私はその教えを見失っていたようです」

5月24日に更新したブログで、先月受けた手術の成功と、経過が良好であると報告したウッズ。失敗を気にせずリハビリに励み、子供の学校への送り迎えもしたいと意気込みを語ったばかりだ。「焦らず、できることを日々やっていきたい」と。

タイガー・ウッズにいったい何が起こったのか──スポーツ界にとって今最も悩ましい問いだ。

(逮捕当時の写真)

【参考記事】セレブ妻が離婚を決めるとき
【参考記事】「女好きウッズ」だっていいじゃない?

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月