最新記事

日本社会

独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間違い

2016年12月24日(土)08時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

kokouu-iStock.

<未婚・晩婚が社会問題化している。30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきた人間関係コンサルタントの木村隆志氏によれば、結婚したいなら「普通の人がいい」などと言わず、短所のどれかを引き受けることだ>

 未婚・晩婚は、日本社会を物語るキーワードとなった。結婚するか否かは個々人の選択であるにもかかわらず、日本の人口減少とも関わることから、社会問題と化している。高い生涯未婚率がニュースとなり、いまや自治体が婚活を支援する時代だ。

 これまでに5000人を超える30~40代の独身男性から悩み相談を受けてきたという人間関係コンサルタント/コラムニストの木村隆志氏は、新刊『独身40男の歩き方』(CCCメディアハウス)でリアルなエピソードと具体的なノウハウを紹介。約260万人に上る日本の40代独身男性に向けて、人生を充実させるためのさまざまなヒントを提供している(目次はこちら)。

「これから恋愛・結婚をするもしないも『自由』。仕事、趣味、友人関係のどれに重点を置くかも『自由』。お金の使い方もファッションの選び方も、健康に対するスタンスも『自由』。そんな独身だから得られる数々の自由がある中で、どんな選択をしていくのか?」と、木村氏は「はじめに」で問いかける。

 ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第4回は「第2章 恋愛と結婚」より。


『独身40男の歩き方』
 木村隆志 著
 CCCメディアハウス

※シリーズ第1回:40代未婚、不意に夢や子どもをあきらめる瞬間が訪れたら?
※シリーズ第2回:40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか
※シリーズ第3回:SNS炎上、アイドル熱愛発覚、ペットロス......生きがいを失う男たち

◇ ◇ ◇

「ブス」「デブ」「年上」「性格に難アリ」「家事下手」"普通の子"とは結婚できない?


 婚活の相談者さんに、「どんな人と結婚したい?」と聞くと、驚くことに大半の人が「普通の子」と答える。次に多いのは、「好きになってもらえるなら、どういう人でも」という控えめな言葉。ただ、こう答える人も頭の中では同じように「普通の子がいい」と思っている。いずれにしても、「普通でいいなんて、謙虚でいいんじゃない?」と思いがちだが、決してそんなことはない。

 彼らは女性が集まる場に行くと、けっきょく美しさと若さを優先するからだ。しかし、振り向いてもらえないから、「やっぱり普通の子」と思い直す。とはいえ、周りを見渡しても、どこへ行っても、「普通の子がなかなかいない」ことにはなかなか気づけない。40代の独身男性が、「普通の見た目で、普通の年齢で、普通の性格で、普通に家事ができる」独身女性と出会える可能性なんて、限りなくゼロに近いのだ。

 夫婦生活で最も求められるのはバランスの良さであり、何かが秀でていても、何かが大きく欠落している人との生活は、不満が募り、我慢を強いられる。つまり、"普通"を併せ持っているだけで、その女性は結婚相手に選ばれやすくなるのだ。裏を返せば、「見た目、年齢、性格、家事能力のうち1つ以上に難があるから、その女性は独身」とも言える。

 あなたに求められているのは、「普通の人がいい」などと言わず、「ブス」「デブ」「年上」「性格に難アリ」「家事下手」のどれなら引き受けられるか? という潔い選択。もしこれらの短所があったとしても、「普通以下」とみなしてシャットアウトしないことが大切なのだ。

【参考記事】生涯未婚率は職業によってこんなに違う

ニュース速報

ビジネス

米経済の落ち込み一時的、年内のバランスシート縮小も

ビジネス

インタビュー: 地銀と連携、システム共通化で費用削

ビジネス

トランプ氏口座の情報、米民主党がドイツ銀に提供要求

ビジネス

国内シェア2位確実に、新型リーフを今年後半に投入=

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者多数

  • 4

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 5

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 6

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 7

    重さ64グラム!世界最小かつ最軽量の人工衛星をイン…

  • 8

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 9

    北朝鮮のサイバー攻撃専門「180部隊」 各国の銀行か…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月