最新記事
SDGsパートナー

「ホテル屋上で蜂を育てています」 ザ・サウザンド京都の生物多様性を意識した取り組み

2023年11月30日(木)14時00分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室 ブランドストーリー
養蜂に勤しむザ・サウザンド京都の社員

ホテル屋上で養蜂に勤しむザ・サウザンド京都の社員

<身近な気候変動や生物多様性の問題にどう取り組むか。一人の若手社員の言葉から、京都駅前での都市養蜂プロジェクトが始まった>

世界を変えるには、ニュースになるような大規模なプロジェクトや製品だけでは不十分。日本企業のたとえ小さなSDGsであっても、それが広く伝われば、共感を生み、新たなアイデアにつながり、社会課題の解決に近づいていく──。この考えのもと、ニューズウィーク日本版はこの春、「SDGsアワード」を立ち上げました。その一環として、日本企業によるSDGsの取り組みを積極的に情報発信していきます。


◇ ◇ ◇
  

ミツバチは植物の生育と繁栄に欠かせない存在だ。そのミツバチが世界各地で減少していることが報告され、私たちの食生活への影響も叫ばれる中、古都・京都の中心部でユニークな「都市養蜂プロジェクト」が立ち上げられた。舞台は、京都駅前に位置するホテル「ザ・サウザンド京都」の屋上である。

都市部にあるホテルの屋上で、社員が自らの手でミツバチを飼育

多くの植物は、昆虫が花粉を運んで受粉することで繁殖する。特にミツバチは世界の主要な農作物の70種以上の受粉を支えていると言われており、人間にとっては欠かせない存在だ。しかし現在、気候変動による生息地の減少などにより、世界中でミツバチが激減しており、食糧生産への影響が危惧されている。

こうした中で、身近な気候変動や生物多様性保全の問題を意識し、ザ・サウザンド京都が開始したのが「都市養蜂プロジェクト」だった。

このプロジェクトは、同ホテルの屋上でミツバチを飼育し、副産物としてのはちみつを採取するという取り組み。ミツバチを育てることで、生態系や食文化、地球環境の保全に繋げるという狙いがある。

一人の若手社員が発した「屋上で蜂を飼いませんか?」というひと言をきっかけに、同社の社員でプロジェクトメンバーを結成。日々の業務と並行しつつ、養蜂家からの電話やメールでのアドバイスをもとに、自分たちの手でミツバチを飼育している。年に2回は岐阜県にある養蜂家のもとで研修を実施し、シーズン毎に勉強会を開催するなどして、養蜂の技術と知識を磨いているという。

屋上で採取したはちみつは、ホテルレストランの食材として提供したり、瓶詰めにして商品として販売することで、地産地消にも繋げている。

ザ・サウザンド京都屋上で採れたはちみつ

ザ・サウザンド京都屋上で採れたはちみつ

2022年には、ザ・サウザンド京都のはちみつが、世界に誇れる日本文化を未来の世代に向けて発信する「京都(関西)サステナブル展in Brooklyn」にも出品された。地球環境に配慮したサステナブルな商品として高い評価を受けている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中