最新記事

SPECIAL ADVERTISING SECTION

0歳から英語が身につく母国語方式のプログラム

英語の習得は0歳から始めると、母国語を覚えるように身につけることができるのをご存じだろうか。それを可能にするのが、ワールド・ファミリーの「ディズニーの英語システム(DWE)」である。

2016年2月15日(月)00時00分

生まれながらにして「英語耳」を持つ赤ちゃん

 赤ちゃんが発する「バブバブ」といった音=喃語。赤ちゃんは脳の中に世界中の言語の回路を持っていて、喃語には世界中の言語の母音と子音が含まれているという。しかし、日本語にしかふれない環境が続くと、もともと備わっていた英語の音を聞き分け、発する力が退化しやがて失われてしまう。
 だから、英語を習得するには、この時期から英語にふれさせることが効果的なのだという。中でもおすすめなのが、ワールド・ファミリーの「ディズニーの英語システム(DWE)」である。ハーバード大学で学士号・修士号を取得した、著名な言語学者のアン・ダウ氏と、言語学博士のダイアン・ワルショウスキー氏が開発。英語を母国語としない日本の子どもたちが、英語を習得することを目的としたプログラムとなっている。

聴く、見る、読む、話す、遊ぶを通じて、英語を身につける。

すべてのプログラムをオリジナルで開発。聴く、見る、読む、話す、遊ぶを通じて、英語を身につける。© Disney

母国語を覚えるように自然に英語を習得する

「ディズニーの英語システム」の最大の特長は、日本人が日本語を覚えるのと同じ手順=母国語方式を採用している点。私たちが日本語を覚えたときのように、子どもたちは言葉の意味やルールを自分で発見し覚えていく。絵本やCD、DVDなどの教材には、日常会話に出てくるような語彙と文法を主体とし、視覚情報と音声の正しい組み合わせを徹底。そのため、自然と言葉を理解でき、正しい英語を習得することができる。
 特筆すべきは、絵本、歌、映像、カードなどに、同じ言葉やフレーズが何度も登場し連動していること。複数のプログラムでひとつの言葉に何度も出会うことで、英語の意味を立体的に把握することが可能になっている。また、発達心理学に基づき、子どもの成長に合わせて段階的にレベルアップできるように開発。ブルー、グリーン、ライム、イエローの4色で分けられており、日本の高校レベルの文法まで含まれている。

全国各地で開催される週末イベント。

全国各地で開催される週末イベント。親子で参加でき、子どもが友だちをつくる機会としても利用されている。

 ワールド・ファミリーでは、英語をインプットする「ディズニーの英語システム」に加え、アウトプットする「ワールド・ファミリー・クラブ」を用意している。これは毎年1500回以上開催されている国内週末イベントなどで、子どもたちが英語を話す機会を提供するもの。ネイティブ・スピーカーの先生と直接英語で話すことで、生きた英語を体験できる。

先生とのテレフォン・イングリッシュ

ネイティブ・スピーカーの先生とのテレフォン・イングリッシュ。英語での歌やレッスンなどを通じて、英語を話す楽しさを発見できる。

 特に好評なのが、週に一回ネイティブ・スピーカーの先生と電話で会話したり、一緒に歌ったりできる「テレフォン・イングリッシュ」。他にも子どもが教材を破損させても、何度でも無料で交換してくれる「会員特別保証制度」など、さまざまな特典で英語の習得をサポートしてくれる。

教材を無料で修理・交換してくれる

小さな子どもが教材をかじったり、落書きしたりして破損しても安心。会員特別保証制度があるので、教材を無料で修理・交換してくれる。

※ワールド・ファミリー・クラブは有料の会員組織です。

※「会員特別保証制度」は消耗品・プレゼント品など一部の教材保証は除きます。

●PCの方はこちら
●スマートフォンの方はこちら

問い合わせ ワールド・ファミリー 00777-88-815 http://dwe.jp/

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 5

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 8

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 9

    EUの新著作権法がもたらす「閉じたインターネット」

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 8

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月