最新記事

個人情報

フェイスブックに友達を売ってない?

With Friends Like These

「友達を探し出す」機能は確かに便利だが、友人の電話番号やメールアドレスが運営企業の手に渡り、悪用される恐れも

2013年9月17日(火)14時53分
ウィル・オリマス(スレート誌記者)

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に登録するとたいてい、「友達を探す」機能を使うかと尋ねられる。アドレス帳の中から、既にそのSNSに登録している人をリストアップしてくれる──実に便利な機能に思える。氏名やメールアドレスを一人ずつ入力して検索するのはひと苦労だ。

 そこで、あなたは「イエス」のボタンをクリックする。そして、表示されたユーザーの中からSNS上でつながりたい人を選択する。これで、その相手に友達申請が送られる。

 実はこの過程で、あなたはアドレス帳の中の友人や同僚のメールアドレスと電話番号の情報をSNSの内部データベースにごっそり贈呈したことになる。運がよければ、SNSの社員は、あなたより慎重に友人たちの個人情報を扱ってくれるだろう。

 しかし残念ながら、そういうケースばかりではない。朝の6時に上司から義理の母親に至るまで、アドレス帳に載っていた全員に携帯メールを送り付けるかもしれない。

 あるいは、アドレス帳の情報を自社の内部データベースと照合し、既に登録している友人がそのSNSに教えずにいた電話番号やメールアドレスを割り出し、データベースに追加する可能性もある。

 もっとひどい場合は、そのSNS上で友人とつながっている全ユーザーに、その友人の秘密の電話番号やメールアドレスが知られてしまう状況をつくり出しかねない。

 これは、この1年間フェイスブックで起きていたことだ。意図的な漏洩ではなかったが、システムの不具合により、「ダウンロード・ユア・インフォメーション」機能を通じて約600万人の連絡先がほかのユーザーに知られる可能性があった。

 6月にセキュリティー情報サイトの「パケットストーム」がこの問題を指摘。フェイスブックは謝罪し、不具合を修正した。

本人には削除要求権なし

 グーグルやフェイスブック、アマゾンといったオンライン企業に登録した個人情報が100%安全だとは、今や誰も思っていないだろう。だが、友人や同僚があなたの個人情報をSNSに登録しているとは、あまり気付いていないのではないか。

 SNS界では、そのようにして記録された個人情報を「シャドウ・プロファイル」と呼ぶ。シャドウ・プロファイルに関しては不条理な点がある。もし、あなたが自分の同意なしに電話番号やメールアドレスがフェイスブックのシャドウ・プロファイルに登録されていることを知っても、あなたにはそれをどうすることもできない。

 あなたが電話番号やメールアドレスを友人に教え、友人がそれを自分のアドレス帳に記せば、それはその友人の個人情報だ。そして、友人がアドレス帳へのアクセスをフェイスブックに許せばその情報はフェイスブックのものになる。あなたが削除を求めても、フェイスブックは応じない。あなたの情報でない以上、あなたには削除を要求する権利がないからだ。

 フェイスブックは、個人情報を盗むためにこういう仕組みをつくったわけではない。ユーザーへのサービスのつもりだ。実際、このシステムがあるおかげで、友人同士がフェイスブック上でお互いを探しやすくなっていることは間違いない。

ニュース速報

ビジネス

18年度のPB中間目標は達成困難、見直し含め検討へ

ワールド

製薬大手各社が3年間で5000万ドル投資、貧困国の

ワールド

オバマケア、共和党員の25%が撤回反対=ロイター/

ビジネス

為替の安定重要、緊張感もって見守る=トランプ氏発言

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 3

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家レベルで初

  • 4

    太陽光発電の発電コストが石炭火力発電以下に。ソー…

  • 5

    トランプごときの指示は受けない──EU首脳が誇り高く…

  • 6

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 7

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 8

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 9

    『ローグ・ワン』全米興業で首位、中国の若者にはウ…

  • 10

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 6

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 7

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 8

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 9

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 10

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月