コラム

あのモニカ・ルインスキーがネットいじめ防止を訴える/Abate(~を弱める)

2016年01月28日(木)16時05分
あのモニカ・ルインスキーがネットいじめ防止を訴える/Abate(~を弱める)

【今週のTED Talk動画】The price of shame - Monica Lewinsky
http://www.ted.com/talks/monica_lewinsky_the_price_of_shame

登壇者:モニカ・ルインスキー

 ほとんどの人は、モニカ・ルインスキーという名前を聞くと、昔のゴシップニュースに登場した国際的な有名人として認識するだろう。1998年に、彼女がホワイトハウスでインターンをしていた際のビル・クリントン大統領との不倫が明らかになり、大きなスキャンダルになった。その後、彼女は公の場から姿を消している。事件から17年を経た今、ルインスキー氏はこのTED Talkにより、再び社会活動に参加することになった。

 きっかけは、1998年以降、自分が経験したように公の場であるインターネット上で辱めを受け、苦労している人が多くいるのを知るようになったこと。ルインスキー氏は自分こそ、ネットいじめに関する意識を高め、皆がもっと思いやりを持つよう働きかけられる立場にいると感じたのだ。その決意を知らしめるため、TED Talkで再デビューを図ったともいえる。彼女のメッセージは、インターネットで発言をする時は、人に恥をかかせようとするのではなく、もっと思いやりを持とうというもの。モニカ・ルインスキーの名前を聞くと「あの腰の軽い女」と思う人も多いかもしれないが、彼女のメッセージもプレゼンテーションもとても説得力がある。軽視せず、耳を傾けてみる価値はありそうだ。

キーフレーズ解説

Abate
~を弱める

(動画19:33より)

 ルインスキー氏はこのTED Talk で、abateを他動詞として使っています。その意味は、何かの勢いをなくすこと、あるいは何かの影響力を弱めること。ルインスキー氏によると、思いやりを持った発言をすれば、インターネット上にあふれるマイナス思考をabateできるそうです。

 典型的な使用例を紹介します:

●The wall is designed to abate noise from the highway.
(その壁は高速道路の騒音を抑えるように設計されています)

●His apology did not abate her anger.
(彼の謝罪をもってしても彼女の怒りは収まりませんでした)

 Abateは自動詞として使われることもあります。その場合は「(量・程度・圧力など)が減少することや弱まること」を意味します。その例を紹介します:

●Once the storm abates they will re-open the airport.
(嵐が収まれば空港は再開されます)

●After she took the aspirin her headache abated.
(アスピリンを飲んだ後、頭痛が治まりました)

 名詞形はabatement。意味は「軽減」や「減少」です。その例を紹介します:

●They decided to stop the treatment because it failed to lead to abatement of the symptoms.
(症状が緩和されなかったので、治療を中止することにしました)

●The government requires us to put in place a fire prevention and abatement strategy.
(火事の予防と減少のための対策を講じることが政府によって義務づけられています)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

英中銀、6カ月物オペで30.72億ポンド供給 応札

ビジネス

英財務相「離脱決定でより貧しく」、増税と歳出削減が

ビジネス

独首相、英に「いいとこ取り」許さず EU離脱に厳し

ワールド

ロンドン市長、自治権拡大を要求 「不透明感から経済

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  4. 4

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  7. 7

    安倍首相、消費増税再延期へ、サミットで経済状況リーマン級の危機と各国に説明

    財政出動への支持取り付けと消費増税延期への地な…

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  6. 6

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  7. 7

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  8. 8

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  5. 5

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  6. 6

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう