コラム

「カオス状態」のホワイトハウス、スカラムッチ広報部長は10日でクビ

2017年08月01日(火)15時40分
「カオス状態」のホワイトハウス、スカラムッチ広報部長は10日でクビ

プリーバス、バノンら政権幹部を口汚く罵って解任されたスカラムッチ Yuri Gripas-REUTERS

<21日にスカラムッチが広報部長に就任すると、スパイサーとプリーバスが辞任。そしてバノンを罵倒した挙句に、31日にはスカラムッチ自身が解任される。トランプ政権のゴタゴタはまだまだ続く>

ホワイトハウスの混乱が止まりません。まず、7月21日にアンソニー・スカラムッチ氏が「広報部長」に就任すると、自分の上司にこの人が来るのはイヤだという理由でショーン・スパイサー報道官が辞任しました。

新しく就任したスカラムッチ広報部長は、さらにスパイサーに近いと言われるプリーバス首席補佐官への批判を開始しました。何とも異例な話ですが、どうやらこの時点では、プリーバスとスカラムッチの力関係は逆転していたようで、結局のところプリーバスは辞任に追い込まれました。

一方で、スカラムッチ広報部長は、プリーバスとは犬猿の仲だったという主任分析官のスティーブ・バノンについても、全く別の容赦のない批判を浴びせていました。とてもご紹介できるような表現ではない、卑猥な言い方での非難であり、これはバノンとの間にも相当な確執があったことを示唆しています。

この時点でのスカラムッチ広報部長は「自分はホワイトハウスからの情報漏れ(リーク)」を絶対に許さない」とした一方で、大統領がツイートを使って世論に直接語りかけるスタイルは「これを中心にしていく」などとしていたのです。

【参考記事】トランプ政権、就任後半年間の意外な高評価

一方で、首席補佐官の後任にはジョン・ケリー国土保安長官が横滑りしてきました。このケリーという人は、海兵隊の叩き上げで、反テロ戦争の現場で戦ってきた人物です。さらに全米を驚かせたのは、何と7月31日午後(東部時間)になって「スカラムッチは解任された」というニュースが駆け巡ったのです。

とにかく、各メディアは一斉に「ホワイトハウスはカオス状態」であると騒ぎ立てています。また、スカラムッチの解任劇を受けてケイト・ハドソン主演のラブコメ「10日で男を上手にフル方法(原題は "How to Lose a Guy in 10 Days")」に引っ掛けて、「10日でクビになる方法」というパロディのポスターも早速作られる始末です。テレビではお笑い番組も含めてスカラムッチに「ムーチ」というニックネームを付けて大騒ぎをしています。

それでは、ホワイトハウスは今後、指揮命令系統を立て直すことができるのでしょうか?

例えば補佐官の中にはジャレッド&イバンカ・クシュナー夫妻(大統領の娘夫婦)がいるわけですが、発表によれば両名もケリーにレポートする、つまりケリーの部下ということになるそうです。つまり、以降イバンカとジャレッドは、ケリー首席補佐官を飛び越して大統領と勝手に物事を決めるのはダメというわけです

ですが、ケリーが就任にあたってこの点を警戒したということ自体で、既にケリーがこの両人をコントロールできていない印象も与えるわけで、不安は残ります。スカラムッチ解任を受けて会見したサラ・ハッカビー・サンダース広報官(スパイサーの辞任に伴って副報道官から昇格)は、ケリー新首席補佐官は、厳格なマネジメントでホワイトハウスに秩序を確立するだろうと言っていましたが、本当に組織としてキチンと動けるのか、まだ良くわからないのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 6

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 7

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!