コラム

『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の問題

2024年03月13日(水)14時30分

アカデミー賞作品賞を受賞した『オッペンハイマー』のノーラン監督(前列右) Jack Bruber/USA TODAY NETWORK/REUTERS

<芸術作品に賛否両輪はつきもので、いちいち「炎上」を気にしていたら芸術活動には参加できない>

今年のアカデミー賞授賞式が終わりました。日本や東アジアでは、主演女優賞を受賞したエマ・ストーンと、助演男優賞を受賞したロバート・ダウニー・ジュニアが、アジア系俳優を「無視」したように見えることから、ハリウッドやアメリカ社会に「アジア系差別がある」という取り上げ方がされています。

この問題に関しては、偶発的な行き違いであったように見えるストーンはともかく、ダウニー・ジュニアの場合は確かにお行儀が良いとは言えず、批判は免れないと思います。ですが、こうした事件を取り上げて、ハリウッドやアメリカで社会的なアジア系差別があるとか、自分も被害者だとして憤ったり、アメリカへの不快感、距離感を表明したりするのは、やや過剰な反応と思います。この点に関しては少し落ち着いたほうが良いのではないかと思います。

今回のオスカーで、問題なのはやはり作品賞です。

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』が受賞したわけですが、この映画の評価が固まっていくプロセスで、被爆国である日本の映画ファンの広範な意見は結局のところ反映しませんでした。これは問題だと思います

日本の洋画市場は、縮小したとはいえ無視できない規模です。そこで80年代以降は、多くの場合、ハリウッドの大作映画は日本でほぼ同時公開されていました。クリストファー・ノーラン監督は日本でも人気がありますから、過去の作品の多くは北米での公開からそれほど遅れずに公開されていたのです。

「バーベンハイマー」の炎上

ところが、この『オッペンハイマー』については、原爆開発の物語であることから、日本では賛否両論が予想されていました。また、女性の権利をコメディ仕立てで訴えた『バービー』と公開時期が重なったことから、コロナ禍で沈滞した劇場公開を盛り上げようと「バーベンハイマー」なる合成語が作られて、SNSで盛り上がったことが、日本では炎上してしまいました。

つまり悲惨な原爆の話と、ピンク色をテーマカラーにした派手なコメディを同列に扱うのは不謹慎だという論理です。そうした中で、通常はこのノーラン監督の契約しているハリウッドの大手スタジオの作品を日本で公開していた老舗の配給会社は、公開を見送ってしまいました。

その上で、かなり後になって文芸映画の自主制作と、海外作品の配給を手掛ける中堅の会社が配給に手を上げて公開の準備に入りました。公開にあたっては、広島、長崎で試写会を行い、その際に公開討論を行うなど、極めて良心的な姿勢が見られます。こうした方法に対しては敬意を表したいと思います。

ですが、順序としては、日本の広範な観客による評価が、アカデミー賞の投票に影響を与えるということにはなりませんでした。そして、ハリウッドとしては、既に興行収入を確保し、その上にオスカー作品賞の栄誉にも輝くこの作品の評価を変えることはないでしょう。

公開がもっと早期に実現していたら、日本での評価がもっとハリウッドに伝わったと考えると、やはり残念な思いがします。これを機会に、今後のことを考えて、何が問題だったのかを整理しておくことにします。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story