コラム

爆発的な観光資源となったアメリカの皆既日食フィーバー

2024年04月10日(水)09時20分
皆既帯に入ったインディアナポリスで皆既日食を観測する人たち

皆既帯に入ったインディアナポリスで皆既日食を観測する人たち Chris Juhn/REUTERS

<皆既日食が観測できるエリアには400万人の観光客が集まり、経済効果は全米で10億ドル(1500億円)という規模になった>

現地時間の4月8日(月)午後、北米大陸では広い範囲で皆既日食が観測されました。その前週からアメリカは大変な盛り上がりとなり、皆既日食が起こる狭い帯状のエリアに重なる地域には、観光客が殺到しました。例えば、テキサス州の場合は、百万人単位の移動が見込まれるとして、激しい交通渋滞などに対処するために非常事態宣言が出されました。

また「皆既帯」の通過したインディアナポリス市では、有名な自動車レース「インディ500」の会場である「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」にはNASAの「公式観測地」に指定されたこともあり、5万人が集まりました。天候にも恵まれた同地では大変な盛り上がりだったようです。著名な観光地ということでは、ニューヨーク州のバッファロー市も「皆既帯」に入っていましたが、ナイアガラの滝観光と合わせてこの地を訪れた人も多かったようです。


それにしても、アメリカ人の日食へのリアクションの大きさには驚かされました。7年前の2017年にも大陸を横断する皆既日食があったのですが、その時以上の盛り上がりでした。何と言っても幅広い人口密集地域で皆既日食が見られたのが大きく、テレビでの中継映像では太陽が完全に月に隠されて、漆黒の太陽の周囲にコロナが光り出した瞬間には各地で歓声が上がっていました。

テレビの報道では、日食への感想を幅広く紹介していましたが、「(1969年の)アポロが初めて月面に着陸した際と同じような感動を味わった」という声が印象的でした。感動で泣いている人も多かったのですが、恐怖ではなく、自然への畏敬であるとか、宇宙の神秘、あるいは究極の非日常を感じて、ポジティブな経験としていた人がほとんどでした。

皆既帯のホテルは全て満室

一部には、日食はその前の週の地震と合わせて「神の怒り」だなどという保守派がいたり、反対に左派のコメンテーターは「日食は温暖化の影響」だなどという全く非科学的な説明をしたりという例もありました。ですが、こうした「トンデモ」な言説はごく少数であり、極めて多くのアメリカ人は天文現象としての日食のメカニズムを正確に理解したうえで、大きな関心を寄せていたのでした。

とにかく日食への関心は幅広く、皆既帯に入る地域のホテルは全て満室となり、該当地域に向かう航空機、鉄道、バスのチケットは軒並み売り切れていました。報道によれば、皆既日食が観測されたエリアは12州にわたっており、人口でいうと3100万人で、これに概算で400万人の観光客が移動してきていたと言われています。

例えば前述のインディアナポリス市では、少なくとも10万人が来訪して経済効果は報道によれば4800万ドル(72億円)と言われています。全米では少なくとも10億ドル(1500億円)という概算もあります。これとは別に、皆既帯に入っていたメキシコやカナダでも相当な経済効果があったようです。

アメリカではこの先、次の皆既日食は20年後の2044年までありません。では、そこまで先ではなくて人口密集地、つまり交通アクセスの容易な場所で起こる皆既日食はまず、2028年にオーストラリアのシドニーがあります。

その後ということですと、実は日本になリます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシア軍参謀次長、収賄容疑で逮捕 高官の拘束相次ぐ

ビジネス

日本株ファンド、過去最大の資金流出=BofA週間調

ビジネス

トヨタ、液体水素エンジン車の航続距離1.5倍の13

ワールド

中国軍事演習2日目、台湾周辺で「権力奪取能力を検証
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 9

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story