コラム

水がフレーバウォーターに! 脳を騙すカップ:ザ・ライトカップ

2017年02月01日(水)18時45分
水がフレーバウォーターに! 脳を騙すカップ:ザ・ライトカップ

<水道水やミネラルウォーターを、あたかもフレーバウォーターのように飲めるコップ。元々、糖尿病患者が、単なる水をできるだけ美味しく飲みたいとの思いから発案したものだ>

実は筆者の実家は菓子店だったこともあり、子どもの頃は、いわゆるソフトドリンクをよく飲んでいた(その一方で、ミルクもかなり好きだったが...)。今も自宅ではミルクを大量消費しつつ、なるべく余分な糖分を摂らないように、水道水をボトルに入れて持ち歩いたり、出先の自販機などで買う場合でもお茶系の飲料が多くなっている。

欧米では以前から普通のスーパーでも様々なウォーターボトルが販売され、健康意識の高さがうかがわれる一方、飲料メーカーも何とか「水+α」的な製品によって販売シェアを拡大しようと、様々なフレーバーウォーターを市場投入してきた。その流れは日本にも押し寄せてきており、今やコンビニなどで「水+ごく少量の果汁+香り」的な製品をよく見かけるようになった。

ご存知のように、糖分の摂りすぎは糖尿病などの病気の原因となる。加えて、自宅でもソフトドリンクやフレーバウォーターばかり飲んでいては不経済な面もある。そこで、水道水やミネラルウォーターを、あたかもフレーバウォーターのように飲めるコップとして考え出されたのが、ザ・ライトカップだ。

この製品は、元々、医者からソフトドリンク類の摂取を一切止められた糖尿病患者が、単なる水をできるだけ美味しく飲みたいとの思いから発案したもの。カラーパーツの部分にフルーツなどの香りと味が特殊な方法によって定着させてあり、嗅覚と味覚を通じて脳を「騙す」ことによって、フレーバーウォーターを飲んでいるような気にさせる。

本来、あらゆる知覚は、様々な情報の受容器を通じて得た刺激を、脳が特定の感覚として処理した、ある種の幻影に過ぎない。その意味でザ・ライトカップは、そうした生物的な人間の特性を巧みに利用したアナログ的なバーチャルリアリティともいえるだろう。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ビジネス

ドル109円前半で上値重い、米政治リスクを警戒

ワールド

豪地域開発相、二重国籍保有と発表 議員で6人目

ワールド

中国華信能源、ロスネフチ株取得で協議=関係筋

ビジネス

ドル安の物価押し上げ効果は小幅にとどまる=ゴールド

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 3

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛護団体から残酷との声

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出がバレてきた

  • 4

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 5

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    北朝鮮巡る軍事衝突のリスク非常に高い、ロシアは回…

  • 10

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!