コラム

イタリア最南端の島で起きていること 映画『海は燃えている』

2017年02月08日(水)17時00分

『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』

<イタリア領最南端の小さな島を舞台にしたドキュメンタリー。この島には、この20年間で約40万人の移民が上陸した。島民と難民の現実を静かに描き、ベルリン映画祭でドキュメンタリーで初の最高賞に輝いた注目作>

ジャンフランコ・ロージ監督の新作『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』は、副題にもあるように、アフリカに近いイタリア領最南端の島ランペドゥーサ島を舞台にしたドキュメンタリーだ。その冒頭には、以下のような字幕が浮かび上がる。


「ランペドゥーサ島、面積は20平方キロ、海岸線は南70マイル、北120マイル。この20年間で約40万人の移民が島に上陸した。シチリア海峡で溺死した移民の数は1万5千人と推定される」

この映画は、世界の注目を集める深刻な移民・難民問題を扱ってはいるが、そんな題材から想像される内容とは異なる世界が切り拓かれている。ロージがドキュメンタリー作家として異彩を放っていることは、その受賞歴にも表れている。彼の前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』(13)はヴェネチア映画祭で、この新作はベルリン映画祭で、それぞれドキュメンタリーで初の最高賞に輝いている。

世界の映画祭を席巻するドキュメンタリー

劇映画を凌駕してしまうような独自の表現や世界とはどのようなものなのか。新作には、同じ題材を扱った劇映画に通じる視点も盛り込まれている。ランペドゥーサ島の北に位置するリノーサ島を舞台にしたエマヌエーレ・クリアレーゼ監督の劇映画『海と大陸』(11)では、海に生きる一家の祖父が、法を破って難民の母子を救助し、家に匿ったことから、家族が難しい選択を迫られる。ジョナス・カルピニャーノ監督の『地中海』(15)では、ブルキナファソ出身の若者が、命懸けで地中海を渡り、イタリアの果樹園で働きだすが、やがて地元住民との対立に巻き込まれていく。

『海は燃えている〜』でも、難民の実情に焦点を絞るのではなく、島民と難民の世界が描かれる。だが、そこに劇映画のようなドラマが生まれることはない。かつては島そのものが難民問題の最前線で、島民と難民が接触していたが、ロージが最初に島を訪れたときには、すでに海上で難民のボートと接触する救助活動へと方針が転換されていた。だから島民と難民が接触することはない。それでも彼は島に移住し、この映画を作った。

ドキュメンタリーであるこの映画では、当然、島民と難民の接触が描かれることはない。だが、ひとりだけ接点を持つ人物が登場する。これまでずっと救助された難民の上陸に立ち会ってきた医師バルトロだ。この映画からは、医師を結び目として、島民の日常と難民の現実というまったく異なるふたつの世界が浮かび上がる。

では、そんな構成の映画がなぜ多くの人の心を動かすのか。詩的な映像も確かに印象に残るが、最も大きいのはロージが対象から引き出してみせる物語の力だ。彼は対象となる人物と長期にわたって共に過ごし、親密な関係を築く。そんなふうにして、人物の自然体の姿をとらえるだけではなく、人物が内に秘める物語を引き出していく。彼の作品に登場する人々は、近しい人を相手にしているかのように過去の出来事や体験を語る。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ、「ドローン連合」拡大目指す 戦術変化に

ワールド

パキスタン2大政党が連立樹立で合意、首相候補はシャ

ビジネス

中国証取、クオンツ運用ファンドの売買制限 株売り巡

ビジネス

英企業の楽観強まる、大方は人員維持・増見込む=BC
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story