コラム

世界が認めた日本人イラストレーター:上杉忠弘

2010年03月02日(火)17時00分


 イラストレーターの上杉忠弘がアニメーション界の権威であるアニー賞を受賞したと言っても、この世界の人たちは驚かないかもしれない。取るべくして取った、そう感じただろう。上杉と9年に渡って親好があり、一緒にアートブックを出版したこともあるピクサーのイラストレーター、エンリコ・カサローサは、「アメリカのアニメ業界には忠弘のファンがたくさんいる」と言う。「僕も彼の作品を見た途端に夢中になった。光の使い方が繊細で、何より大胆な構図が素晴らしい」
 
 上杉は2月6日に発表されたアニー賞で、ストップモーション・アニメ『コララインとボタンの魔女3D』(日本公開中)の最優秀美術賞を受賞。アニー賞はアニメのアカデミー賞とも呼ばれ、過去には宮崎駿監督が『千と千尋の神隠し』で監督賞、作品賞などを受賞している。日本人が美術賞を受賞したのは初めてだ(『コラライン』はアカデミー賞長編アニメーション部門にもノミネートされている)。

『コラライン』で上杉が担当したのはデザインコンセプト。『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』を手掛けたストップモーション・アニメの第一人者ヘンリー・セリック監督にとって重要だったのは、原作であるニール・ゲイマンのファンタジー小説のイメージを具象化できるコンセプトアーティストを探すことだった。

「登場人物が動き回る背景が固定しているような作品にはしたくなかった。例えば、庭に立ち籠める霧、3枚の葉っぱを舞い上がらせるそよ風。そんな繊細な趣きが欲しいと考えていた。忠弘の作品にはそれがあった」と、セリックはオンラインマガジン「スイート101」に語っている。「忠弘のイラストレーションが作品全体の土台となったが、特にその色彩や簡潔さは欠かせないものとなった」とセリックは言う。
 
 上杉はこれまで主に女性誌のイラストや企業広告、CDジャケットなどを手掛けてきた。作品を見ると、独特のエレガントな線に身覚えのある人が多いのではないだろうか。ヨーロッパやアメリカのギャラリーにも彼の作品は飾られており、フランスのエル誌にイラストを寄せたこともある。

uesugi_02(3).jpg

uesugi_04.jpg
上杉が書いた『コラライン』のコンセプトアート
(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
  
『コラライン』の仕事は日本とアメリカの長距離で行われた。まずは原作を読んで、キャラクターのイメージ作りに取りかかるところから始めたという。ほんの数週間だけの仕事のはずが、それから1年以上かけて、建物や背景など全体のコンセプトアートにも取り組むことになる。
 
 監督には自分の好きなように描いていくれと言われたが、1つだけリクエストがあった。「僕らが見たことのないようなものが見たい」。そんな難題なリクエストに頭を抱えたこともあるが、上杉は見事に期待に応えてみせた。

 もちろん上杉が手掛けたのは最初のコンセプト段階で、実際に作品が出来るまでには大勢のアニメーターやイラストレーターが関わっている。オリジナルコンセプトから随分と変化を遂げたキャラクターもある。それでもセリック監督が言うように、上杉の感性が作品全体の土台となっていることに変わりはない。

 主人公のコララインはアメリカの女の子だが、国籍不明のエキゾチックさを漂わせている。さらに桜吹雪が舞う(ように見える)シーンもあり、映画を見ながらほのかに日本らしさを感じる楽しみも味わえる。

「忠弘の絵はグラフィックなデザインが特徴だ。1950〜60年代のアメリカのイラストに影響を受けていて、細部の生き生きとしたきらめきが作品全体に雰囲気を与えている」と、セリックは評価する。

 ピクサーのエンリコ・カサローサは言う。「『コラライン』のデザインには彼の繊細さがよく反映されている。例えば、木が1本生えているだけでも美しい」

 上杉の描く美しい世界が、将来はもっとスクリーンで見られるようになるかもしれない。

----編集部:小泉淳子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査

ビジネス

FRB「忍耐必要」、インフレなお高水準=ボストン連
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story