Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.17号(10/11発売)

特集:知られざる小池百合子

2017年10月17日号(10/11発売)

Cover Story

新党を率いて永田町に殴り込みをかけた「女刺客」小池百合子は日本政治を変えるのか?

日本政治 小池刺客劇場の危うい幕開け
■経歴 「勝負師」小池がたどった足跡
政党 小池新党と見果てぬ夢
■政党史 政権交代の夢と25年続く新党ブーム
中東 知られざる濃厚アラブ人脈
野党 わが民進党はなぜ失敗したのか?
政党交付金 民進党がため込んだ「カネ」の行方

カズオ・イシグロをさがして

文学 ノーベル賞を受賞した日系イギリス人作家の独特の感性とスタイル
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 人気のペンスが「次の座」を狙う?
NORTH KOREA アメリカの(意外な)対北朝鮮制裁力
SPAIN EUはカタルーニャ独立を支持しない
SYRIA ロシア兵捕虜を助ける? ISISハンターズ
BY THE NUMBERS 世界の国の半数が宗教を特別扱い
FRANCE フランス「対テロ新法」への不安
GERMANY ルールを愛するドイツで正しい朝食論争
CHINA 習近平「治国思想」の元ネタは暴力革命論
BRITAIN 難航必至のEU離脱交渉に救いの手は?
Asia
CHINA 習近平は永久政権を目指してはいない
U.S. Affairs
ラスベガス銃乱射事件の危険過ぎる二分論
People
ロックの神様にならなかった男、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
スペイン 混迷カタルーニャを読み解く
ドイツ 極右政党躍進の意外すぎる立役者
ビジネス シリコンバレー、栄華の終わりの始まり
ライフスタイル 「自分婚」に走る女たち
動物保護 絶滅寸前インコをハリケーンから救え
健康 脂肪をもって脂肪を制す新研究
【LIFE/STYLE】
Television 『スター・トレック』の新たなる宇宙へ
Art ベイエリアの「宝島」がアートに衣替え
Health 喫煙より有害? 立ち仕事のリスク
Health ブロッコリーの芽はこんなにスゴい
Health 母と娘の衝突はメンタルに大打撃
Movies 凝った構成が裏目に出た『婚約者の友人』
Movies トム・クルーズ挫折と復活の12年
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国人が北朝鮮の独裁者を崇める?
Picture Power 「獄中の夫の子供を」パレスチナ妻の妊娠作戦

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!