Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.24号(10/17発売)

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017年10月24日号(10/17発売)

Cover Story

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

中国 共産党支配が崩壊しない理由
■GDP 中国経済の「復活」にIMFがお墨付き
Q&A 根拠なき礼賛と悲観のツケ
出版 中国崩壊本の崩壊カウントダウン
■インタビュー 「『崩壊』とは言ってない」代表的著者の反論
分析 中国の未来をCIA流に予測する
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 最悪の山火事の原因は?
UNITED NATIONS 今さら感が漂う米ユネスコ脱退
BRITAIN 「ブレグジット後はNAFTA」の現実味
SPAIN カタルーニャ独立宣言延期の本当の理由は
SOUTH KOREA 中国整形女性騒ぎは偽ニュース?
SOUTH KOREA ノーベル賞「返上」工作が韓国で浮上
UKRAINE ウクライナ紛争に軍事ロボットが参戦!?
Asia
NORTH KOREA 米中の北朝鮮「懲罰」と日本
News Gallery
RUSSIA わしづかみ子犬の贈り物にプーチンも当惑
U.S. Affairs
2大政党が続く制度的からくりと有権者心理
【FEATURES & ANALYSIS】
米外交 米朝交渉の歴史にトランプは学べ
核合意 対イラン交渉には「善人」も必要だ
パキスタン 過激派「政界入り」戦略の欺瞞
医療 男たちの精子が枯れていく
健康 医療ツーリズムの新トレンド
銃対策 幼い患者を銃から守るには
移民政策 アメリカを捨てるインド移民
新研究 宇宙で抗生物質が効かない恐怖 【LIFE/STYLE】
Movies よみがえった『ブレードランナー』
Movies 82年の前作を本誌はどう評したか
Music スティーリー・ダン、超こだわりの制作秘話
Art 現代アートの名作を観光名所で「クーンズGO」
Sports かくして大リーグはホームラン量産時代に
Fashion XL下着の仕掛け人はぽっちゃりモデル 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 政治家の偽善は日常茶飯事
Picture Power LGBTQの親を持つ子供たち

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!