Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.31号(10/24発売)

特集:役に立たない? 経済学

2017年10月31日号(10/24発売)

Cover Story

経済学者の経済予測はなぜさっぱり当たらない? エコノミストの功罪と経済学の構造的欠陥を検証する

経済学 経済予測が当たらない理由
視点 「根拠なき熱狂」に踊らされて
学者 エコノミストたちの成績表
理論 数字じゃない、つまるところ経済も人なのだ

習近平、絶対権力の必然

中国共産党 「アラブの春」と薄煕来事件が習に体制固めのチャンスを与えた
【PERISCOPE】
InternationaList
SOMALIA ソマリアの爆弾テロに世界は無関心
SPAIN カタルーニャ自治権停止で危機は泥沼化
RUSSIA プーチン「恩師の娘」の出馬は茶番か
LIBYA カダフィの息子がリビアを救う?
AUSTRIA オーストリアの若きカリスマの素顔
NIGER ニジェール米兵襲撃は第2のベンガジ?
SYRIA ロシアとイランがさらうシリア内戦後の復興利権
UNITED STATES アメフトの長〜い場内外バトル
Asia
CHINA 習近平の権力の源泉は「がめつさ」にあり
U.S. Affairs
ハリウッドセクハラ事件の舞台裏
Business
研究開発を加速する中国、足を引っ張るトランプ
【FEATURES & ANALYSIS】
テロ組織 ラッカ陥落でもISISは死なず
イラク モスルに渦巻くISIS協力者狩り
薬物 帰還兵を蝕むオピオイドの悪夢
東南アジア ベトナムを襲う高齢化危機
ロシア 中絶禁止と人口減少の恐怖
科学 癌細胞の増殖を亜鉛で食い止めろ 【LIFE/STYLE】
Sports NBAゲームがバスケの未来を変える
Books マーベルvsDCの仁義なき戦い
Movies 最強の女スパイ、ベルリンで大暴れ
Movies 映画館にもVR時代が到来
Movies 人種差別に挑む異色作『ゲット・アウト』
Health 究極のプラセンタ? 胎盤サプリの是非
Music 自由過ぎる天才が新世代ジャズを生む 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国「何でもシェア経済」の限界
Picture Power 行き場なく宙に浮くカタルーニャ独立の夢

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 6

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 7

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 8

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 9

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 10

    北朝鮮、米本土に到達可能な弾道ミサイルを年内に開…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!