Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.10号(10/ 3発売)

特集:日本人が知らないマインドフルネス

2017年10月10日号(10/ 3発売)

Cover Story

世界の企業や医療現場で導入が進む「癒やしの瞑想」 マインドフルネスの知られざる効果とは

※次号10/17号は10/11(水)発売となります。

トレンド 沈黙に導かれたマインドフルネスの至福
企業 オフィスでも瞑想効果あり
性生活 女性たちの性の悩みを解決する切り札に?
食生活 我慢が苦手な子供の肥満防止にも効果
精神 心の健康維持に一役 鬱病再発を予防する
視点 マインドフルネスが気になる症候群

米軍は北朝鮮を攻撃できない

核危機 48年前の北朝鮮による米軍機撃墜事件が残した「教訓」
【PERISCOPE】
InternationaList
JAPAN 反安倍でしかない小池新党の限界
CUBA キューバ米大使館に音響攻撃?
RUSSIA 原子力砕氷船で北極圏に挑むロシア
CHINA 中国のハリケーン救援は大国の証しか
SAUDI ARABIA サウジ女性の自由を奪う12の掟
IRAQ クルド分離独立は天敵トルコ次第
UNITED NATIONS 「ロケットマン」演説の思わぬ効用
SWITZERLAND スイスになぜかアルパカの大群が
Asia
NORTH KOREA 北のミサイルが在日米軍基地を襲う日
U.S. Affairs
トランプ対NFLの裏に長い因縁の歴史あり
イバンカと中国の関係は情報非公開が進む
出でよ! 戦える第3政党
People
「プレイボーイ」ヘフナーは女性を解放したか
スウィフトも抜いたカーディ・Bって誰?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ドイツ メルケルの苦い勝利はEUの敗北
分析 極右政党AfD躍進の3つの要因は
ミャンマー ロヒンギャが次のパレスチナ人になる日
旅行 世界を変えるアジア観光客
サイエンス 「速く+細かく+正しく」天気予報革命
考古学 人間の「共食い」は神聖な儀式だった?
【LIFE/STYLE】
Media ネットフリックスは『サイコ』を殺す
Movies 人類の終わりを告げる『猿の惑星』最終章
Food グルテンフリー食は緑のバナナで
Health ダイエットのコツは「2週間でストップ」
Health 刺青のインクがリンパ節まで染める
Music 伝説のロッカーが残した別れの歌
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire オバマケアで共和党は傷だらけ
Picture Power 故郷も希望も奪われたロヒンギャの惨状

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 5

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 6

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 7

    「ネコとの生活が小児喘息の発症リスクを軽減する」…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    米空母3隻と自衛隊が共同訓練、米軍の士気高い

  • 10

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!