Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10.10号(10/ 3発売)

特集:日本人が知らないマインドフルネス

2017年10月10日号(10/ 3発売)

Cover Story

世界の企業や医療現場で導入が進む「癒やしの瞑想」 マインドフルネスの知られざる効果とは

※次号10/17号は10/11(水)発売となります。

トレンド 沈黙に導かれたマインドフルネスの至福
企業 オフィスでも瞑想効果あり
性生活 女性たちの性の悩みを解決する切り札に?
食生活 我慢が苦手な子供の肥満防止にも効果
精神 心の健康維持に一役 鬱病再発を予防する
視点 マインドフルネスが気になる症候群

米軍は北朝鮮を攻撃できない

核危機 48年前の北朝鮮による米軍機撃墜事件が残した「教訓」
【PERISCOPE】
InternationaList
JAPAN 反安倍でしかない小池新党の限界
CUBA キューバ米大使館に音響攻撃?
RUSSIA 原子力砕氷船で北極圏に挑むロシア
CHINA 中国のハリケーン救援は大国の証しか
SAUDI ARABIA サウジ女性の自由を奪う12の掟
IRAQ クルド分離独立は天敵トルコ次第
UNITED NATIONS 「ロケットマン」演説の思わぬ効用
SWITZERLAND スイスになぜかアルパカの大群が
Asia
NORTH KOREA 北のミサイルが在日米軍基地を襲う日
U.S. Affairs
トランプ対NFLの裏に長い因縁の歴史あり
イバンカと中国の関係は情報非公開が進む
出でよ! 戦える第3政党
People
「プレイボーイ」ヘフナーは女性を解放したか
スウィフトも抜いたカーディ・Bって誰?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ドイツ メルケルの苦い勝利はEUの敗北
分析 極右政党AfD躍進の3つの要因は
ミャンマー ロヒンギャが次のパレスチナ人になる日
旅行 世界を変えるアジア観光客
サイエンス 「速く+細かく+正しく」天気予報革命
考古学 人間の「共食い」は神聖な儀式だった?
【LIFE/STYLE】
Media ネットフリックスは『サイコ』を殺す
Movies 人類の終わりを告げる『猿の惑星』最終章
Food グルテンフリー食は緑のバナナで
Health ダイエットのコツは「2週間でストップ」
Health 刺青のインクがリンパ節まで染める
Music 伝説のロッカーが残した別れの歌
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire オバマケアで共和党は傷だらけ
Picture Power 故郷も希望も奪われたロヒンギャの惨状

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!