Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.1. 3号(12/27発売)

特集:ISSUES 2017

2017年1月 3日号(12/27発売)

Cover Story

トランプ就任の衝撃波はアジア、欧州そして中東へ。地殻変動を起こし始めた2017年の世界を読む

展望 先進国と新興国、逆転する希望と失望
米政治 トランプ就任100日の挫折
閣僚 就任できる?トランプの冒険的人事
アジア外交 トランプという激震がアジアを揺さぶる
対中戦略 さらば弱腰外交、南シナ海に嵐の予感
中国 勝負の年を迎えた習近平の綱渡り
ドイツ 虚し過ぎるメルケル待望論
EU 欧州の価値観を守ることこそ最大の防御だ
南米 コロンビア和平の導き方
米ロ トランプとプーチン、蜜月はいつまで
中東 米新政権を待つシリアの墓場
紛争 戦争まみれの中東を救う道は
経済 トランプ相場ははかない幻想だ
環境 温暖化の軽視は国家にとって最大のリスクに
【PERISCOPE】
InternationaList
GERMANY 悲劇が連鎖して別の悲劇を生む時代
UNITED STATES ツイートは簡単でも実現困難な核軍拡
CHINA この冬も中国の視界を覆うPM2.5汚染
FRANCE ルペンは禁断のロシアマネーに手を出すか
ITALY 銀行救済でも消えないイタリアの不安
RUSSIA 崩壊から25年「ソ連」がよみがえる
SYRIA アレッポ壊滅が招くテロの増加
TURKEY 大使暗殺で深まるロシアとトルコの蜜月
BRITAIN 英首相が悩むブレグジットの袋小路
JAPAN ロシアへの片思いの行方は?
VENEZUELA 市民生活を破壊する経済危機
Asia
INDIA 急成長インド経済が旧宗主国を追い抜いた
CHINA ノルウェーに近づく中国の思惑は
U.S. Affairs
トランプとうり二つの嫌中派が米経済を担う
People
本誌記者が選ぶ2016年の10本
【FEATURES & ANALYSIS】
インテリジェンス 露情報機関とトランプの「接点」
米ロ トランプなしでもプーチンはわが道を行く
調査報道 秘密教団ギュレン運動のグレーな浸透
交通 水素で走る列車は欧州鉄道の未来形?
【LIFE/STYLE】
Movies トランプ襲来でオスカーは大揺れ
Movies 『MERU』の絶壁に取り憑かれた男たち
Movies ドローン戦争の葛藤『アイ・イン・ザ・スカイ』
Family パパの子育ては「量より質」で
Health 尿検査で子宮頸癌を早期発見
Health 病院の設計で患者の回復が早くなる?
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 冗談みたいなトランプ内閣
【訂正】1月3/10日合併号67頁の写真説明で「16年5月」とあるのは「15年5月」の誤りです。お詫びして訂正します。

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 3

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!